薬学部を中退

中退後の就職

薬学部中退 就職を考える方へ。末路だけは避けたい

薬学部中退 就職するか迷う女性
薬学部中退に悩む女性

薬学部に入れたけれど、留年してしまった・・・思った以上に薬学部、辛すぎ。色々考えたけれど、薬学部を中退して就職しようかな・・・。

希望を持って薬学部に入学したけれど、想像以上に難しすぎて留年・・・といった方は多いのではないでしょうか。

1年間留年するだけでも学費も高額な金額が余計に必要になりますし、何より卒業できるか自信が無くなってしまって・・・
もう1回留年するかもしれない、という不安もある。

薬学部を中退して就職を目指すなら、早い方が良いのかもしれない・・・

薬学部の留年生はとても多いのです。

色々なことを考えて迷って薬学部を中退して就職しようかな、と考えている方へ。

辞めるのであれば退学後の進路をしっかりと決めておくことが大切です。

薬学部を中退した後、自力で就活をするよりも高い内定率で就活が出来る就職支援サービスをご紹介しています。

学校を中退後、フリーターやニート期間が長くなることは避ける必要があります。

そのために、こうした内定率の高い就職支援サービスを利用する方法もありますので、ぜひ活用してみてください。

記事中でご紹介している中退者の内定率も高い、おすすめ就職エージェント

薬学部を中退した後、

就活中の女性
就職、どうしようかな・・・

と悩む方も多いと思います。

中途採用を狙って就活をすることになるからです。
他にも多くのライバル(求職者)がいるため、薬学部中退という経歴で不利になることが多く、書類選考で落ちることも多いのです。

そこで中退後の就職活動の選択肢として、就職エージェントを利用する方法をおすすめしています。

中退者の就職支援に実績が多く、内定率が高い就職エージェントとしては、

などがあります。

対応エリアが広いのは、ハタラクティブです。
学歴で足切りをすることもありませんし、就職支援実績も多くおすすめです。

まずは気軽に情報収集から利用される方も多いですよ。

薬学部を中退して就職する場合

色々と考えて、悩んで、薬学部中退という選択肢を選ぶ場合。

学校を辞める前に、どういった進路を取るかを考えておいた方がよいです。

中退して時間が出来てから、ゆっくり考えようかな・・・

と思っている方も多いかもしれません。

でも、いざ薬学部を中退してぽっかりと日常に大きな時間が空いてしまうと、やる気が出なくなってしまうケースが多いのです。。

薬学部を中退したということで、なんとなく日々やる気が出ずにニート期間が次第に長くなってしまう。

とりあえず生活費を稼ぐためにアルバイトを始めてみる。

そうしてフリーター生活が始まり、気づけば数年経ってしまう。

という可能性もあります。

フリーターやニートの末路は悲惨なものです。

就職できる年齢であれば良いのですが、中退して半年以上経つと次第に就職成功率が下がってきてしまいます。

企業側が人材採用で気にするのは、空白期間の長さ、ということも要因の一つです。

20代前半の正社員の平均年収は260万円前後と言われています。

フリーターとあまり変わらないな・・・と思うかもしれませんが、20代後半から年収の差は広がってきます。

将来的に安定して収入を得る、生活をしていくのであれば、非正規雇用は厳しいです。

40代、50代になって非正規雇用の場合、仕事を失う可能性もありますし、生活が厳しくいずれにしても末路を辿る可能性があります。

正社員として働きたい、という気持ちがあるのでしたら、薬学部を中退してすぐに就職活動をスタートするのが良いのではないでしょうか。

薬学部を中退する薬学生は多い

薬学部を中退して進路に悩む

薬学部を留年する人は多いです。

何年も留年しながら卒業まで辿りつく学生もいますが、莫大な学費の負担に耐えられずに途中で中退する薬学生も多いです。

薬学部によって中退率は異なります。

薬学部の中退率は「卒業率」から知ることが出来ますが、卒業率が低い大学だと50%を切っています。

40%台、30%台。

卒業率ですから残りの学生がすべて中退している訳ではなく、留年をしている学生も多いでしょう。

薬学部を留年し続ける末路についても、脳裏をよぎっている方も多いのではないでしょうか。

今も薬学部の勉強についていけていない場合、留年しても卒業できる気がしない・・・と。

薬学部に入学をしても、中退して他の進路に進む人は多いです。

民間企業に就職する方、違う大学に編集していく方、公務員試験を目指す方など様々です。

ですから、中退をそこまで負い目に感じる必要はない、ということは知っておかれると少し気持ちが楽になるのではないでしょうか。

薬学部を中退する理由

中退理由

薬学部を中退する理由は人それぞれ。

  • 薬学部に入学してみたものの、やりたいことが違うと分かった
  • 留年したので
  • 学費を支払うのが厳しかった
  • 勉強についていけない
  • 人間関係

など、複合的に中退理由がある方もいるかもしれません。

薬学部を中退して就職するのであれば、早めの行動を

薬学部を続けていくにあたり、毎年ある進級試験。

ストレートに進級できる保証はない、ということに今更ながら気づき、リスクを考えて薬学部を中退して就職することを考える方もいると思います。

薬学部を中退してからの進路として、就職して働くことをお考えであれば、中退後はあまり空白期間を空けずに就職活動をスタートすることをおすすめします。

2016年と以前の調査結果になりますが、独立行政法人労働政策研究・研修機構が東京都在住の25~34歳のフリーターを中心に行った調査があります。

その調査では、フリーター期間に対する就職率は、
1年を超えたあたりで約50%となり、2年以上、年を重ねるごとに正社員として就職できた割合は下がっていくのです。

フリーター期間が長いほど、正社員として就職するのは難しくなる、ということになります。

企業側の事情として、未経験者を採用するなら若い人の方が良い、ということも大きく影響していると言えます。

薬学部を中退した後、いずれは正社員として就職することを考えているのであれば、就活の時期は早めにした方がよいでしょう。

中退者の就職支援にも実績がある就職エージェントを利用する

大学中退者の就職支援にも実績が多いエージェントをご紹介していますが、

などを利用することで、未経験者を積極的に中途採用している企業の求人を紹介してもらうことが出来ます。

中退後の就活は、一人で孤独です。

こうした就職エージェントを利用して情報収集できるメリットも大きいと言えます。

薬学部を中退して就職せずにフリーター、ニートをする場合

もし、薬学部を中退してしばらくは就職せず、これからの生き方などを考えてみたい、少しのんびりしてみたいといった場合。

アルバイトをしながら、実感でのんびり、といった生活になる方もいると思います。

その場合であっても、経験からいえるのはフリーターやニート生活をする期間をひとまず決めておく、ということです。

先ほども述べましたが、未経験から就職しやすい年齢がというのがあります。

フリーターをする場合でも、忙しくしようとすれば忙しく妙な充実感を得ることができてしまいます。

それに職場によっては楽しく働けてしまうんですよね。

そのアルバイト先で正社員登用があれば、狙っても良いかもしれません。

注意すべきはニート生活の場合です。

楽な生活は抜け出すのが次第に難しくなってしまいます。
仕事探しのために動かないと・・・と思っても、動けなくなります。

なぜなら楽だし、人は今の生活が実は心地良いからです。

ニート歴が長くなると、正社員として就職することが困難になるケースもあります。

無職ニート生活になっている、と気づいたら、変化させるために行動することをおすすめします。

フリーター、ニートの末路を避けるには

末路

薬学部を中退して以降、もしフリーターやニートを続けてしまったとしたら。

いずれも辿り着くのは辛い未来と言えます。

フリーターの場合には、稼げはしますが給料は上がっていきません。
むしろ、体力があってアルバイトを選びやすい若い年代の方が稼げると言えます。

正社員と比べてフリーターの生涯賃金は3分の1以下、と言われています。

フリーターが加入するのは国民年金ですから、年金の支給額も当てにできません。

令和元年では、国民年金は平均月額56,049円の支給でした。

フリーターとして稼ぎが少ないこともあるでしょう。
月の受給額もこれよりも少なくなる可能性が大です。

生活できない受給額です。

高齢者になって体が辛くてもアルバイトをしなくてはなりません。

ニートの末路は引きこもりゆえに人との関係性が無く、親のみというケースが多くなります。

基本的には親の方が早く亡くなります

ニート生活は親の経済力に支えられていますから、その後はどうすればいいのでしょうか。

頼れる人が誰もおらず、社会生活をするために外に出るのも今からでは難しい・・・となれば孤独です。

孤独に生を終えるというものです。

引きこもりニートの最悪な末路です。

極端なはなしかもしれませんが、こうした末路を避けるにはどうすればいいのでしょうか。

やはり早い時期に正社員としてキャリアをスタートすること。

社会的な基盤をしっかりと持つことだと言えるでしょう。

薬学部を中退後の就職活動の方法

薬学部中退後の就活

もし、薬学部を中退した場合、就職活動の方法はどうすればいいのでしょうか。

大学はもはや利用できません。

準備もなしに急に自力で就職活動を始めることになります。

ライバルもとても多い中途採用枠を狙っての就活になります。

高待遇な求人や人気の職種に応募した場合、転職市場では需要の高い第二新卒や経験者もライバルとしているかもしれません。

経歴的には中退は厳しく、思ったように書類選考が通らずに悩む方も多いようです。

薬学部を中退した後の就職活動の方法としては、

  • ハローワーク
  • わかものハローワーク
  • 求人サイト
  • 就職エージェント

などが挙げられます。

アルバイトから正社員登用を狙う方法もありますが、あまりお勧めはできません。

必ず正社員になれる保証がないからです。

アルバイト歴だけ長くなって、結局正社員になれずにフリーター、という可能性があります。

おすすめしているのは中退者の就職支援にも多くの実績を持つ、正社員就職への近道となる就職エージェントを利用する方法です。

就職エージェントを利用する場合、デメリットもありますが、それ以上にメリットの方が大きいと言えます。

内定率高い就職活動

若者向け就職エージェントはフリーターやニートの就職に実績が多くあります。

中には、薬学部や大学中退した方も利用しています。

フリーターやニート歴が長くても正社員就職に成功しているので、ノウハウが蓄積されています。

また、未経験OKの正社員求人を扱っていますから、効率よく応募先の会社を見つけることが可能です。

応募書類の添削、面接対策のサポート

若者向け職エージェントを利用するメリットの一つとして、履歴書など応募書類の添削、そして面接対策のサポートがあります。

どちらも苦手で・・・といった方も多いのではないでしょうか。

多くの求職者のサポート、内定者の傾向などを把握した上でアドバイザーがポイントを抑えてアドバイスしてくれます。

面接対策に力を入れているエージェントも多いため、自信をもって面接を受けられるよう準備をすることが可能です。

薬学部を中退後、おすすめ就職エージェント

薬学部を中退した方におすすめする就職エージェントは、以下の20代向け就職エージェントです。

中退者の就職支援にも強い就職エージェント

ハタラクティブは利用可能なエリアが広く、首都圏を中心として、千葉、埼玉、名古屋、大阪、福岡にも拠点があります。

首都圏と大阪の求人に特に強いです。

就職shopは関東・関西の方向けです。

第二新卒エージェントneoは、東京、大阪、名古屋、福岡に拠点があります。

一人で就職活動をしてみて、壁にぶち当たったら利用してみるのもありです。

最初から、就活に利用して短期間で内定獲得を目指すのもありです。

情報収集に利用するだけでもOKです。

まずはどんな就職支援を受けられるか、確認してみてはいかがでしょうか。

薬学部中退後の就職、まとめ

薬学部を中退した後の就職活動について、ご紹介をしました。

自力で求人サイトを利用して就職先を決める方も、もちろんいます。

しかし、就活に苦戦する方もいることも事実です。

就職活動が長期化しやすい方が多いことから、モチベーション維持のために第三者を利用する、といった意味でも活用のメリットはあると思います。

一人だと、つい今日は気持ちが乗らないから就活をちょっと休もうかな・・・と思ってしまうかもしれません。

一度休んだら、それは長引きやすいのです。

そして就活をいつしか辞めてしまっている・・・フリーターやニートへの入り口になりかねません。

期限を決めて就活が出来るのであれば、良いのですが、ズルズルと長期化しやすいんですね・・・

薬学部中退後、就職をお考えになっているのであれば、短期決戦で集中して就職を目指すことをおすすめします。

そのための方法としても、就職エージェントは最適な方法だと言えるでしょう。

中退後の就職 関連記事

大学中退でも稼げる仕事、高収入な仕事
高収入の仕事がある大学中退者におすすめの就職エージェント。
大学中退者の就職支援にも強く、実績がある就職エージェントをご紹介します。
職歴なし30歳、31歳は就職できない?手遅れ?
30代になると、フリーターやニートから就職するのは難しいとよく言われます。
もう正社員になるのは手遅れなのかな・・・?と不安になっている方へ。

ケース別、おすすめ転職エージェント

リクルートエージェント
全年代にオススメ、圧倒的な求人を取り扱う大手転職エージェント、リクルートエージェント。
職歴がある方すべてにおすすめです。

ジェイック
18歳~35歳までの職歴なしフリーター・ニートの方におすすめ。
東京は30代カレッジ(39歳まで利用可能な就職支援)もあります。

ハタラクティブ
20代向け転職エージェント。職歴なしフリーター・ニートの就職支援にも多くの実績あり。

-中退後の就職
-,

© 2022 【これからの働き方】仕事と転職