就職の面接

ニート就職

早く就職したい、すぐに働きたいニートから正社員になる方法

就職について考える男性
早く就職したい、すぐに働きたい。ニートから短期間で正社員になる方法が知りたい。さすがに30代になり将来が不安で・・・タイミングを逃したら、ずっとニートから就職できないかも・・・
「大学を中退してからニート」

「就職したことはあるけれど、ブラック企業だった。心身疲れ果てて退職してからニート」

「高校卒業時に就職できず、フリーターしていたけどバイト辞めて今はニート」

「既卒ニートからそろそろ抜け出したい・・・」

人それぞれ、色々な事情があってニートになってしまった、と思います。

しかし現在、無職ニートから早く就職して稼ぎたい、といった気持ちになっている方も多いのではないでしょうか。

特に親が定年退職した、といったような場合には早く就職して働かなくては、といった焦りも強いかもしれません。

ニートから正社員になる方法はあります

しかし、いずれの方法を取るにしても年齢がとても重要です。

1歳でも若いうちに、ニート脱出、正社員として就職できるように就活をスタートすることが大切です。

この記事では、早く就職したい、すぐに働きたいニートの方向け、正社員になる方法をご紹介しています。

早く就職したい、すぐに働きたいニートの就活方法

ニートの就職に強い就職エージェント

正社員を目指しての就職活動の方法としては、主に以下のような方法があります。

  • ハローワーク
  • 求人サイト
  • 就職支援サービス(就職エージェント)
  • 正社員登用ありアルバイト
  • 紹介予定派遣

人によって最適な就職活動の方法には違いもあると思いますが、多くのニートの方にとって、就職できる可能性が最も高く、早く就職できる方法は「就職支援サービス」を利用する方法です。

ニートから早く就職するには就職支援サービスの活用がおすすめ

ニートから早く就職して働きたい、稼ぎたい、といった場合には内定率が高い方法を選ぶ必要があります。

というのも、ニート歴が半年以上になると就職率が下がるという調査結果も出ているくらい、書類選考も通過するのが難しくなりますし、面接も受からなくなってきてしまうのです。

通常、就職活動をする時、

  • 書類選考
  • 面接(2回~3回)

があります。

どれくらい期間がかかるかというと、大体1ヵ月半~2ヵ月くらいは見る必要があります。

これはスムーズにいった場合です。

かなり採用選考が早く進んだとしても、1ヵ月以上はかかるケースが多いのではないでしょうか。

面接が1回のみであれば、1ヵ月以内で決まるかもしれません。

しかしニートの場合、実際には書類選考で落ちて面接に辿り着けないことも多いため、就活期間が半年以上になるケースもあるのです。

これでは早く就職したいと思っても、厳しいかもしれません。

そこで利用をおすすめしたいのが、就職支援サービスです。

早ければ2週間以内に内定獲得、仕事が決まることもあります。

例えば、次にご紹介する就職支援サービスは短期間で内定獲得が可能なところとなります。

ぜひ活用してみてください。

併用して求人情報を多く得ることも、就職活動を成功させるためには重要なポイントです。
(ジェイックは講座を受ける期間がありますので、その期間は集中する方が良いかもしれません)

ニートの就職に強い、おすすめ就職支援サービス

就職支援サービス

ニートの就職に強い、おすすめの就職支援サービスを詳しくご紹介します。

上記でご紹介したのは、短期間で平均して内定獲得までの期間が短い就職支援サービスとなります。

早く就職したい、仕事に就きたい場合にはこうした就職支援を利用されるのがおすすめです。

そこまで短期間で就職先を決めなくても、少し時間がかかっても良いからじっくり良い会社を選びたい、サポートが手厚い就職支援サービスを利用したいという方もいらっしゃるかもしれません。

その場合には、第二新卒エージェントneoやウズウズ(UZUZ)などはサポートにかける時間が他社よりも長く、合っている可能性が高いです。

ぜひ就職について相談してみてください。

ハタラクティブ

ハタラクティブは大学中退、フリーター、ニート、既卒といった職歴なし、正社員未経験の20代に特化した就職エージェントです。

学歴不問、経歴不問で就職支援サービスを提供しています。

フリーター歴、ニート歴がある方の就職支援にも実績があります。

リンク先の公式サイトに掲載されている、ハタラクティブを利用して就職が決まった方の体験談もぜひ、参考にしてみてください。

東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、兵庫、福岡に拠点があります。

拠点も多いので首都圏以外の方も利用しやすいと思います。

最短2週間で内定獲得を目指すことが出来ます。

⇒ ハタラクティブで早い時期の就職を目指す

就職shop

就職shop

就職shopはリクルートが運営する、主に20代向けの就職支援サービスです。

関東と関西に店舗があります。

書類選考なしで面接が受けられる」ということが大きな特徴です。

その分、早く就職を目指すことが出来ます。

利用者の9割が20代。

学歴・職歴・社会人経験不問、既卒、フリーター、新卒、第二新卒、高卒、中卒から入社した方が多数います。

利用者数は10万人を突破!

就職shop公式サイトに掲載されている、利用者の体験談・口コミもご覧ください。

⇒ 就職shopで早い時期の就職を目指す

DYM就職

DYM就職はフリーター、ニート、既卒、大学中退といった方の就職支援に特化した就職支援サービス。

35歳まで利用可能ということも特徴です。

取り扱い企業数は2,500社。
サービス満足度は90%となっています。

DYM就職は内定獲得までの期間が短いことが特徴です。
人事や経営層と太いパイプがあり、選考のスピード感が早いのです。

全国対応。

期間限定で地方にも拠点を設置。

東京、大阪、名古屋、札幌、仙台、静岡、京都、広島、岡山、福岡など。
他のエリアでも利用できる時期もあります。

ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

ジェイック

就職支援のJAIC(ジェイック)

ジェイックはフリーター・ニート・未経験・既卒・大学中退といった方の就職を支援しているエージェントです。

無料の就職講座を受け終えた後、約15社が参加する面接会に進み、マッチングすれば個別に面接となります。

就職講座を受けているため内定率も高く、書類選考無しというのもニートの方にとっては大きなメリットです。

スピード感をもって就職を目指したい方には、とてもマッチする就職支援サービスといえると思います。

求人は営業職の比率が多めですが、未経験歓迎の求人はそもそも営業職が多いと言えます。

対応エリアの広さもジェイックの特徴です。
札幌から福岡まで。

時期によって利用できるエリアが異なりますので、ジェイック公式サイトで利用状況を確認してみてください。

就職カレッジは34歳まで。
30代カレッジは39歳までの方が利用可能です。

⇒ ジェイックで早い時期の就職を目指す

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoは第二新卒・高卒・中卒・既卒・フリーターの20代に特化したエージェントです。

社会人未経験、職歴なしフリーター、ニートといった方の利用も多く、就職に成功されている方多数です。

サポートの手厚さが特徴。
1人あたり平均8時間のサポート時間となります。

他の就職エージェントの場合、初回は1時間、長くても1時間半程度で後はもう求人紹介、といった流れになることも多いですが、第二新卒エージェントneoはしっかり向き合う時間を取り、と求職者の将来を見据えて求人紹介を行ってくれます。

平均して約1ヵ月ほどで内定獲得する方が多いそうですが、10日前後と短期間で就職に成功した方もいます。

⇒ 第二新卒エージェントneoで早い時期の就職を目指す

ウズウズ(UZUZ)

20代の既卒、フリーター、ニート、第二新卒といった方の就職・転職支援に特化しているのがウズウズ(UZUZ)です。

内定率を上げるために他社よりも手厚いサポートを行っていることが特徴です。

求職者一人あたり平均20時間以上、と他社を圧倒する手厚いサポート時間となっています。

就職活動に自信が無く、サポートを手厚くしてもらいたい方には最適な就職エージェントといえるでしょう。

求人はIT系に偏りが見られますので、IT業界の求人を中心に探してみたい方にはオススメと言えます。

求人を調べるタイミングによって、業界や職種は変わってきますのでまずは情報収集に登録してみてはいかがでしょうか。

関東・関西の求人が中心となります。

⇒ ウズキャリ既卒に就職相談をしてみる

自力での就活はニートは難しい?

面接が受からないニート

ニート歴が長くなってくると、自力での就活ではニートの方が就職するのは難しいと言われます。

その理由としては、就職活動のやり方が通常よりも難易度が高い、ということもあります。

ニート歴が半年以上になると、就労意欲なども疑問視されるようになりますし、

空白期間に何をしていたか

といったことも面接では質問されるようになります。

面接では答えに詰まり沈黙が生まれることは避ける必要があります。

答えにしっかりと簡潔に答えること。
面接官が納得する答えを返すことも大切です。

ニートの場合、答えに窮する質問が多くなることが予想され、そうしたこともニートの就職が難しくなる要因となっています。

ニートは書類選考が通過しにくい

ニートは書類選考が通過しにくいのです。

その理由を知ることで書類選考の通過率を少しずつ上げていくことが必要です。

無職ニートだから書類選考に落ちる、という訳ではありません。
(とはいえ職歴なしニートを敬遠する企業が無いわけではありません)

ただ闇雲に履歴書を応募するのではなく、書類選考を突破できるように修正を行っていくことが大切です。

ニートが書類選考に落ちる理由

  • 空白期間が長い
  • 志望動機が使い回しできるような内容になっている
  • 職歴なしのために落ちている
  • 高望みしている
  • 履歴書の空白が多い
  • 証明写真に気を遣っていない

などが挙げられます。

もちろん上記が全てではありませんから、他の理由によっても書類選考に落ちることがあります。

志望動機で企業に対してアピールできていないのはもったいないです。
また、ここでアピールできないと書類選考に通過するのは難しいでしょう。

使い回しと受け取られないように、きちんと企業研究をして、就職したい熱意が伝わるように志望動機を書く必要があります。

面接に受からないニートが多い理由

ニートだから面接に受からない、という訳でありません。

書類選考に受かったということは、面接をして良い人材だと思ったら採用しよう、という意思が企業側にあるということです。

でなければ貴重な時間を使って面接を行うことはありません。

しかし、面接にいつも落ちてしまう・・・というニートの方もいると思います。

面接で何か改善する必要があります。

面接に受からないニートの人で該当するケースが多いと言われるのが以下となります。

  • コミュニケーション能力が低い
  • 志望動機が弱い
  • 一般常識がない
  • 視線が泳いでいる、視線を合わせない
  • 身だしなみが整っていない
  • 質問に対して求める答えが返ってこない

面接は内定を貰うためにとても重要な試験です。

面接対策を徹底的に行うことが必要なのですが、一人では面接対策をするのが難しい・・・という方もいるでしょう。

その場合、先ほどご紹介したような就職支援サービスを利用して、サポートを受けることをおすすめします。

模擬面接も行ってもらえますし、これまでの支援の経験や人事担当者とのパイプから、面接で企業側からされる質問なども実戦に基づいてサポートをしてもらえます。

一人で就活をするよりも高い内定率です。

ニートから脱出を目指す方は、ぜひ就職支援サービスを利用してみてください。

ニートが早く就職活動をした方が良い理由とは

ニートの就活、面接

無職ニートから早く就職を目指した方が良い理由があります。

そのままではニートの末路が待っているといっても良いでしょう。

就職を目指せる年齢の間に、正社員としてキャリアをスタートできるように行動されることを考えてみてください。

年齢が上がるとニート就職は不利

まず、単純に年齢が上がるとニートからの就職は不利です。

ニートでなく、働いている非正規雇用の方であっても、年齢が上がると正社員として転職するのが非常に難しいのです。

であれば、ニート期間があるとさらに就職は不利になってしまいます。

ニート期間が長く、年齢が高い人に対しては企業は「働く意欲があるのだろうか?」と不安を持ってしまいます。

また、

「採用しても長く働いてくれるのだろうか・・・」

といった不安もあります。

就職を目指す場合、ニート期間が長くならないようにすることは大切です。

既に1年以上、空白期間が空いている方は、これ以上空白期間が長くならないように、早く就職活動をスタートするべきでしょう。

空白期間が長くなると就職率が下がる

空白期間が半年以上になると、就職率が下がるという調査結果が出ています。

1年、2年と長く成ればなるほど、就職率が下がっていきます。

公的な就職支援サービスも利用に年齢制限がある

民間の就職支援サービスの多くは、20代限定です。
29歳までしか利用できません。

ごく少数の就職支援サービスが30代も利用可能です。

以下などがそうです。

公的な就職支援サービスにも、年齢制限があります。

地域によって対象年齢が異なりますが、基本的には地域若者サポートステーション(サポステ)が15歳~39歳。

ジョブカフェが15歳~34歳となります。

地域によっておおむね44歳まで、などの場合もありますが40代になると就職は非常に厳しいということは理解する必要があります。

早く就職したい、すぐに働きたいニート向け 求人探しのポイント

早く就職したい、すぐに働きたいニートの方は、探す求人もいくつかポイントを抑えて探す必要があります。

そうすることで、早く就職先が決まる可能性が高くなります。

その一つ目が、ニートが就職しやすい職種を狙って求人に応募する、といったことです。

ニートが就職しやすい職種

ニートから就職を目指しやすい職種があります。

基本的には人手不足の業界が狙い目です。

介護職

介護業界は深刻な人手不足です。

離職率も高く、一年を通して採用を行っている介護施設もあります。

そのため経験者はもちろん歓迎ですが、未経験者を採用して育てることに力を入れている介護施設も多いです。

その場合、ニートの方であっても人柄がよく仕事に熱意を持っていることを伝えられれば、未経験であっても採用して貰える可能性は十分にあります。

介護職員初任者研修を取得していれば、訪問介護などの道もあります。

働きながら介護の資格取得を目指すこともできますが、忙しいと勉強時間を確保するのも大変なため、できれば就職する前に資格取得をされると良いでしょう。

そうすることで、結果として内定を獲得しやすくなります。

資格取得者は優遇されるからです。

警備員

警備員も未経験歓迎の求人が多い職種です。

ニートの方も採用されやすい職種と言えます。

体力が必要な仕事ですから、自分に向いているかどうかはしっかりと考えた方が良いかもしれません。

営業職

未経験者歓迎の求人が多い、といえば営業職です。

人柄、コミュニケーション能力などが重視されますから、職歴が無くても志望動機をしっかり準備することで採用される可能性があります。

ニート歴が長くても就職を目指しやすいと言えます。

インセンティブありだと高年収を狙うこともできます。
給与の高さも魅力です。

販売・接客

販売や接客の仕事も人手不足の企業が多いため、未経験者歓迎の正社員求人が多いです。

また学歴不問である場合も多く、大学中退、高卒の方も採用されやすいと言えます。

人とコミュニケーションを取るのが好きな方、得意な方は販売・接客の仕事も検討してみてはいかがでしょうか。

プログラマー、ITエンジニア

プログラマーやITエンジニアも人手不足と言われ続けています。

IT業界は今でも人手不足ですが、将来的にはさらに人手不足が深刻となると予測されており、未経験からでも就職を目指しやすい状況です。

プログラミングスクールに通い、スキルを身に付けてから就職を目指す方が増えています。

これから就職を目指す方は、プログラミングのスキルなどを身に付けてからのほうが内定獲得がしやすいと言えます。

無料で学べるプログラミングスクールもあります。

就職先が限定されてきてはしまいますが、プログラミングスクールを切り口にキャリアをスタートするのもありではないでしょうか。

ニートが早く就職するために重要な準備

就職の不安

ニートから早く就職したいのであれば、就職活動に向けて準備を行うことも大切です。

全てをいきなり変えるのは難しいですから、少しずつ変化を起こせるようにしていきましょう。

規則正しい生活(夜型から朝型生活へ)

ニート生活を送っていると、昼夜逆転してしまう方も少なくありません。

なにせ朝起きなくてはならない理由もないですから、寝たい時に寝て、といった生活になると大抵は昼夜逆転してしまいます。

しかし働くとなれば、基本的には朝型生活になります。

就職活動も朝から面接が入ることが多いです。

少しずつ起床時間を早くしていくなど、朝型生活にしていくことが必要です。

ポジティブ思考になる

就職活動をする前に、ポジティブ思考にしていきましょう。

書類選考に落ちる、面接がどうしても受からない。
そうしたことは、何度も経験することになるかもしれません。

毎回、ネガティブに考えてしまうようでは就職活動を乗り切るのは難しいです。

この企業とは縁が無かっただけ、次はきっとうまくいく。
と考えられるように思考を変えていくことも必要です。

内定を貰うためには行動量も多くする必要があるのです。

落ちたとしても、積極的に応募を続けていけるようにしましょう。

身だしなみを清潔に整える

ニート期間が長くなってくると、身だしなみについての意識も薄くなる人が多いです。

ずっと引きこもって自宅にいる人も多いでしょう。

そうすると、身だしなみに気を遣う必要もありません。
人と会うからこそ、身だしなみに気を遣うようになってくるといえるでしょう。

ニートが就職活動をする時には、身だしなみを清潔にすることが大切です。

面接では第一印象がとても重要です。

ニート期間(空白期間)を説明できるように準備する

ニートの空白期間についても、面接官は必ず質問してきます。

空白期間について面接で聞かれたとき、どう答えるかは内定を貰えるかどうかに大きく影響するといって良いでしょう。

どうして面接官が空白期間について質問をするかというと、

  • 働く意欲があるかを知りたい
  • 答える内容で意欲を測りたい

といったことがあります。

単に興味本位で空白期間の過ごし方を聞いている訳ではありません。

質問への答え一つ一つから、就職して働く意欲を測ろうとしています。

空白期間、何もしていなかったとしても就職を意識してからは、

「資格の勉強を行っていた」

「業界研究を行っていた」

など働く意欲をアピールできるような内容を答えるようにするとよいです。

とはいえ、嘘をつくのは避けましょう。

話の筋を通すのが難しくなりますし、面接官も多くの人を面接しており、嘘に敏感になっている人が多いからです。

話が怪しいと思われたら、内定を得るのは難しくなるでしょう。

嘘をつくのであれば、空白期間の過ごし方について正直に話をして、今は反省して時間を有効に使っている、といった話をした方が好印象を与えることができます。

過去を活かして未来につなげる意欲があることも、アピールになります。

ニートが早く就職するには、自己分析を先に行うことが大切

早く就職に成功するには、自己分析を先にしっかりと行っておかれることをおすすめします。

自分の強み、自分が向いている仕事を見つけやすくなります。

また、これまでの人生で困難だったこと、それをどう乗り越えたか、などを自己分析で明らかにしておくことも大切です。

面接でよく聞かれる質問の一つだからです。

自己分析をしっかりと行っておくことは、面接対策にもなります。

自分の長所、短所も明らかにしておきましょう。

自己分析のやり方が難しい、と感じる場合には就職エージェントを利用する方法もあります。

応募書類の書き方、自己分析のやり方、求人の紹介、面接対策などあなたが就職するために、サポートしてくれます。

ニートが就職、すぐに働くには早期内定に強い就職エージェントの活用を

ニートから早く就職したい、仕事に就いて安定した収入を得たい、という方は、色々な就活の方法がありますが就職エージェントを利用する方法が短期間で内定獲得の可能性が高いのでおすすめです。

タイミングにもよりますが、良い求人と出会えた場合には1週間前後で内定獲得まで進めるケースも少なくありません。

こうした就職エージェントでは、求職者一人一人に担当のアドバイザー、コンサルタントが付き、就職が成功するようにアドバイスやサポートしてもらうことが出来ます。

ニートの就職活動は一人では難しいことも多いため、すぐに就職したい、早く仕事を決めたいといった場合には就職エージェントを利用されることをおすすめします。

ニート就職 関連記事

ニート無職から就職 おすすめ正社員になれる就職支援サービス

ニート無職から脱出したい、今年こそ正社員就職したい!という方向けに、正社員になれるおすすめ就職支援サービスをご紹介しています。

職歴なし31歳は就職できない?手遅れ?

就職活動の方法を選ぶことで、31歳ニートからでもまだまだ正社員として就職するチャンスはあります。
職歴なし31歳が正社員就職するための方法について、ご紹介しています。

ケース別、おすすめ転職エージェント

リクルートエージェント
全年代にオススメ、圧倒的な求人を取り扱う大手転職エージェント、リクルートエージェント。
職歴がある方すべてにおすすめです。

ジェイック
18歳~35歳までの職歴なしフリーター・ニートの方におすすめ。
東京は30代カレッジ(39歳まで利用可能な就職支援)もあります。

ハタラクティブ
20代向け転職エージェント。職歴なしフリーター・ニートの就職支援にも多くの実績あり。

-ニート就職
-,

© 2022 【これからの働き方】仕事と転職