※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

工場勤務

日総工産の技能社員になるメリット・デメリットを解説

就職に成功したニート女性
日総工産の技能社員として働くことに興味をお持ちの方も多いと思います。傾向日総工産の「技能社員」として働く際のメリット・デメリットをまとめてみました。日総工産の技能社員として働きたいとお考えの方は参考にしてみてください。

日総工産の技能社員ってどう?メリット・デメリットは?

日総工産の技能社員として働くことで、毎月の固定給が得られますし、ボーナスもあります。そうした「お金の面」は大きなメリットだと思います!

他にもメリットは複数ありますので、記事中で解説していこうと思います。

メリットに惹かれて技能社員として働こうか迷っている…とはいえデメリットもあるはず。技能社員として働く場合、どんなデメリットがあるの?という方も多いでしょう。

本記事では、日総工産の技能社員として働くことのメリット・デメリットを解説しています。

日総工産の技能社員とは

日総工産の技能社員とは、日総工産の地域限定で働く正社員です。技能社員は、日総工産が契約している工場に派遣されて働きます。

原則転勤なし、という働き方に惹かれる方も多いのではないでしょうか。

技能社員になる方法には、面接を受けるか、派遣社員から昇格するかの2つの方法があります。

・契約期間に制限がないので、長く安定して働ける
・年に2回のボーナスがある
・同じ地域で長く働ける

といったメリットがあります。

日総工産の技能社員として働くメリット・デメリットについては後ほどまた詳しく解説したいと思います。

デメリットとしては、日総工産と派遣先企業の契約がなくなれば、同じ職場で働けなくなる可能性がある、といったことがあります。

日総工産の技能社員は正社員

日総工産の技能社員の雇用形態は正社員です。製造派遣として働く場合、不安になるのは派遣切り、雇用契約が更新されないこと、といった方は多いでしょう。

日総工産の技能社員であれば正社員ですから、そうした雇用に関しての心配や不安を持つ必要はないといえます。

技能社員は無期雇用派遣の正社員

日総工産の技能社員は正社員ですが、無期雇用派遣という正社員です。期間の定めのない雇用契約を結ぶ点では、正社員と同じです。

ただし、働く場所は日総工産が契約をしている工場などになります。

通常、派遣社員として働く場合には契約期間があります。3ヶ月や6ヶ月といった期間が一般的には多いです。

職場によっては更新して長く働くことができますが、それでも3年が上限となります。

いくら人間関係に恵まれて、仕事も向いていて続けて働きたい、と思っても有期の派遣社員の場合には3年以上働くことは出来ません。

対して日総工産の技能社員は無期雇用派遣ですから、同じ職場で働くことが可能です。

とはいえ契約期間に関しては、無期雇用派遣であっても日総工産と派遣先企業の契約次第です。契約が無くなれば、違う工場で働いたり待機になる可能性はあります。

日総工産の技能社員になる方法は?

日総工産の技能社員になる方法は、2つあります。

・面接を受ける
・派遣社員から技能社員になる

面接を受けて技能社員になる

面接を受ける場合は、日総工産の採用サイトから応募することができます。

日総工産の派遣社員として働いてから技能社員になる

派遣社員から技能社員になる場合は、派遣先企業での勤務実績や評価によって、日総工産からのオファーがあります。

もしくは技能社員になりたい、と希望すればサポートスタッフとの面談を受けられます。

とはいえ、働きぶり、仕事ぶり次第、技能社員の枠があるかどうか、といった状況も影響しますので希望のタイミングでいつでも技能社員を目指せるかというとそうではありません。その点は注意が必要です。

最初から技能社員を目指したい、といった場合には、日総工産の採用サイトから応募して面接を受けるのがおすすめです。

日総工産の技能社員になるメリット

日総工産の技能社員として働くメリットをご紹介します。

月給制で収入が安定する

日総工産の技能社員は月給制です。毎月、一定の給料が貰えるということになります。

派遣社員で働く場合は給与は時給制です。働いた時間に応じて、給料は変わります。

休日が多い月だと給料が減りますし、何らかの事情でラインが動かずに休みが多くなると、出勤が減りますから給料が減ってしまいます。

技能社員のメリットは月給制なので勤務日が少なくても一定の給料が支払われます。

給料が安定していることは精神の安定にもつながります。

キャリア形成が図れる

技能社員は無期雇用になりますから、長期でキャリア形成を考えることができます。経験を積み、エンジニア領域のスペシャリストとしてのキャリア、生産管理のスペシャリストを目指す、総合職を目指す、といったことが可能です。

実際、技能社員から営業職などへキャリアを進めた方もいるそうです。

賞与(ボーナス)は年2回、昇給あり

日総工産の技能社員として働くメリットとして挙げる方が多いのが、賞与(ボーナス)の支給が年に2回あるということ。

また技能社員は年に1回、4月に昇給があります。
こうしたことも仕事を頑張るモチベーションになるといえます。

転勤なしで働ける

日総工産の技能社員になることを目指している方の中には、事情があって地元や同じ地域でずっと働きたい、といった方もいるでしょう。

そうした場合、技能社員は転勤なしの働き方ができます。

大手メーカーで働くことができる

派遣先は様々ですが、日総工産の取引先は大手メーカーが多く、無期雇用派遣で大手メーカーで働ける機会も多いでしょう。

福利厚生が充実している

日総工産には福利厚生として「ベネフィットステーション」があります。全国の飲食店・映画館・アミューズメント施設を優待価格でお得に利用することができます。

国内宿泊、パッケージツアーなどもあり旅行好きな方はメリットは大きいといえるでしょう。

優良派遣事業者に認定されている

2015年に日総工産は「優良派遣事業者」として認定されました。

優良派遣事業者以下のような派遣会社が認定されます。、

法令を遵守しているだけでなく、派遣社員のキャリア形成支援やより良い労働環境の確保、派遣先でのトラブル予防など、派遣社員と派遣先の双方に安心できるサービスを提供できているかどうかについて、一定の基準を満たした派遣事業者を「優良派遣事業者」として認定します。

優良派遣事業者とは?|優良派遣事業者認定制度 |公益社団法人 労務管理教育センター

優良派遣事業者に認定されるには、審査を経る必要があります。また有効期間は3年です。継続して取り組みをしていなければ認定されません。

日総工産の技能社員になるデメリット

日総工産の技能社員になることで生じるデメリットをご紹介します。

メーカーの正社員ではない

日総工産の技能社員として実際の職場は大手メーカー、といったことも多くなりますが、身分はメーカーの正社員ではなく日総工産の正社員です。

そのため日総工産とメーカーの契約状況次第では、長期雇用ではあっても派遣先が変わる可能性はあります。

残業は派遣先次第

工場勤務の場合、収入は残業状況も大きく影響してきます。技能社員として働く場合、実際の勤務先となる職場の状況次第で残業が少なかったり、多かったりと違いがあります。

稼ぎたいのに残業がほぼ無しの職場に配属されてしまう、という可能性もあります。

仕事内容は職場次第

技能社員であっても仕事内容、勤務状況は派遣先に依ることになります。そのため、やりたい仕事とは異なる仕事が長期に渡る可能性もあります。

担当者の当たり外れはある

日総工産ではサポートスタッフがいて悩みや仕事上の困りごとなどをサポートしてくれますが、やはり当たり外れはあるといえます。

性格的に合わない、といった可能性も考えられます。

日総工産の技能社員が向いている人・メリットが多い人

日総工産の技能社員が向いている人・メリットが多い人は次のような人です。

寮に入って手元に手元にお金を残したい

日総工産の仕事は基本的に寮に入って派遣先で働くスタイルです。もちろん職場が地元で実家や自分で借りている家があって、といった場合には相談は可能です。

寮費は発生しても手元にしっかりとお金を残すことができます。

安定した収入が欲しい

日総工産の技能社員は月給制で働きます。製造派遣として働く場合に不安な点、といえば給料の上下があること、という方も多いのではないでしょうか。

工場派遣の場合には時給で働きますから、稼働時間が少ないと給料がかなり下がることも。

逆に大きく給料が上がることもないですが、技能社員は大型連休があっても給料が下がることなく、安定しても支給されます。

ボーナス(賞与)も年に2回支給されます。

将来キャリアアップしていきたい

日総工産の技能社員のメリットとして、働き方の選択肢があることが挙げられます。

それも長期就業が前提のためです。

技能職として専門性を高めていく。管理部門へ行ってスタッフをサポートする、など選択肢があります。

働きながら自分が向いている業務を考えてみて、挑戦してみる、といったこともできるでしょう。

⇒ 日総工産の採用サイトを見てみる

日総工産で働く強み

日総工産の技能社員として働く場合、そのメリット以外にも多数の強みがあります。

まずきれいな寮が多め、ということです。寮費は事前に確認した方がよいと思いますが、築浅のアパート・マンションが寮になっていることもありますし、レオパレスなどに入寮することもあります。

他の寮付派遣会社で働いたことがある方は、日総工産の寮はキレイ目な部屋が多いと感じるケースが多いようです。

また技能社員として採用された場合、事前に研修がありますから、安心して働くこともできるでしょう。

働き方としてはやはり長期で働くことができるということ。それにより、キャリア形成を考えていくことがしやすい、というのは強みといえるでしょう。

「そろそろ安定した働き方がしたい…」

「短期間で住むところが変わるのはもう辛い」

といった方には、日総工産の技能社員はメリットの多い働き方ができると思います。

日総工産の技能社員になるメリット・デメリット まとめ

日総工産への求人に応募する方法

日総工産の技能社員になる場合、日総工産が運営する求人サイトから応募するのがよいでしょう。

技能社員で募集しているお仕事が多数掲載されています。ぜひ見てみてください。

⇒ 日総工産の採用サイトで技能社員の詳細を確認してみる

関連記事

日総工産 技能社員は正社員?年収、賞与(ボーナス)、退職金などについて

日総工産の技能社員として働くことに興味をお持ちの方へ。日総工産の「技能社員」は、地域限定や職種限定の正社員。どういった働き方になのか、キャリアは?ボーナスや退職金などについて情報をまとめています。

ケース別、おすすめ転職エージェント

リクルートエージェント
全年代にオススメ、圧倒的な求人を取り扱う大手転職エージェント、リクルートエージェント。
職歴がある方すべてにおすすめです。

就職カレッジ
18歳~35歳までの職歴なしフリーター・ニートの方におすすめ。
東京は30代カレッジ(39歳まで利用可能な就職支援)もあります。

ハタラクティブ
20代向け転職エージェント。職歴なしフリーター・ニートの就職支援にも多くの実績あり。

-工場勤務
-,

© 2024 職歴なしフリーター・ニート就職