不採用が続く

ニート就職

職歴なし30歳、31歳は就職できない?手遅れ?

仕事探し中の男性
職歴なしで30歳になってしまった・・・もう正社員として就職できない?手遅れかな・・・?
職歴なしのまま30歳、31歳、ニートやフリーターから正社員として就職を目指している方も多いと思います。

30代になると、フリーターやニートから就職するのは難しいとよく言われます。

もう正社員になるのは手遅れなのかな・・・?と不安になる気持ちも分かります。

しかし、就職活動の方法を選ぶことで、30歳ニートからでもまだまだ正社員として就職するチャンスはあります。

もちろん内定を貰うのは簡単ではありませんが、職歴なし、ニート歴が長くても正社員就職することは可能です。

30歳の今が一番若いのですから、今が頑張りどころです。

30歳よりも31歳になった方が就職が厳しくなります。

職歴なし30歳、31歳が正社員就職するための方法について、ご紹介します。

職歴なし30歳、31歳は就職できない?手遅れ?

就職エージェントがおすすめ

30歳までフリーター、ニート。

正社員就職した経験がなく、職歴なし。

さすがに将来のことを考えると、ずっと今のままで良いとは思っていない。

仕事探し中の男性
できれば、そろそろ就職したい・・・

30歳を区切りとして、就職のこと自分の将来のことについて考える方は多いと思います。

でも手遅れ感もあって・・・就職活動をスタートできない。

または、求人に応募したことがあるけれど、見事に書類選考で落ちてしまい、すっかり就職することに対して自信を無くしてしまった・・・

という方もいるかもしれません。

しかし、たとえ31歳で職歴なしであっても、就職することは可能です。

その方法とは、31歳でも利用できる就職エージェントを活用する方法です。

30代前半が利用できる就職エージェント

通常、30歳を超えると利用できなくなる就職エージェントが多いのですが、以下は30代前半の方も利用できる就職エージェントです。

ジェイック

キャリアスタート

こうした職歴なしフリーターやニートの就職支援を専門とする就職エージェントを利用することで、職歴なしの方も就職を目指すことが出来ます。

自力で就活をすると、ハードルが高いです。

未経験者歓迎の正社員求人を多く持つ、こうした就職エージェントを活用する方法がおすすめです。

31歳、職歴なしからの就職は人手不足の業界を狙う

営業職として就職

少子高齢化もあり人手不足の企業はとても多いです。

業界・業種によりますけれど、30代は若手、とい企業も多いですよ。

未経験者歓迎の求人も30代ともなれば、少なくはなりますが見つけることも可能です。

今の状況下求人自体が減っています。

そうした影響もありますから、あまり仕事を選んでいる余裕はないとは思いますが、それでも就職を諦める必要はありません。

就職は手遅れではないです。

これから、しっかりと正社員としてのキャリアを始めましょう。

正社員のキャリアをスタートすることが大切

就職し、正社員のキャリアを積み上げることで、転職を視野に入れることができるようになります。

そこで年収アップ、もっと自分がやりたい仕事にキャリアを寄せていくことも可能です。

今のまま職歴なしフリーター、ニート生活を続けていると、正社員になれる可能性がどんどん低くなっていきます。

30代後半になると、さすがに就職は厳しいです。

そのあたりの年齢になると、40代中年フリーター・ニートの末路といった事も考えなければならないかもしれません。

40代と比較すれば、31歳はまだまだ若者です。

未経験者歓迎の求人も探せますし、諦めない限りは正社員として就職することは可能ですよ。

31歳職歴なしニートの就職は厳しいことを自覚する

就職活動は決して楽ではないです。

企業によっては空白期間が長い、職歴がない、といった時点で不採用にすることも。

実際、自力で求人サイトで企業に応募をする場合には、そうしたケースが多くなるといって良いでしょう。

企業に応募しても応募しても書類選考が通らない。
面接に辿り着けない・・・

という状況になりがちです。

  • 年齢
  • 空白期間
  • 経歴

といった点から就職は厳しいことを自覚して、就職活動に取り組むことが大切です。

一番避けたいのは、不採用が続いたときに就活を諦めてしまうことです。

ニート生活に戻ってしまうことは、避けなければなりません。

なぜ31歳まで正社員就職しなかったのか、説明できるようにする

正社員になるためには、面接が必ずあります。

それも、2回~3回と面接を受ける必要があります。

確実に聞かれる質問として、

どうして31歳まで就職しなかったの?

があります。

なぜ、今まで就職せず職歴なしなのか、答えにくい質問ですよね。

しかし企業としては、こうした答えにくい質問にどう応募者が答えるのか、ということを知りたいのです。

それによって、人間性も見えてきますし、本気で自社に入社したいのか、といったことも測ろうとしています。

こうした質問に答えるためにも自己分析をしっかり行う必要があります。

  • なんとなく楽なフリーターを続けてきた
  • 人とコミュニケーションを取るのが苦手で引きこもっていた
  • アルバイトも長続きせず就職する自信が無かった
  • 夢や目標を追いかけていたため就職しなかった

など、人それぞれ理由があると思います。

過去の経歴は変えられません。

面接対策のポイントは、反省すべき点は反省して、将来につながるようなポジティブな答えをすることです。

職歴なし31歳はどう就職活動をしたらいいの?

就職支援サービスの活用

これから就職を目指すため、どういった就職活動をすればいいのでしょうか。

職業訓練を利用する

31歳で職歴なし、という場合には職業訓練を受ける方法もおすすめです。

全くアピールできる武器を持たずに就活すると、書類選考がやはり厳しくなります。

職業訓練はハローワークが実施しているプログラムで、地域によって様々なコースがあります。

Webデザインやパソコンスキル、簿記、工業系のスキル取得なども目指すことができます。

無料で知識・技術が身に付けられますから、ぜひ活用してみてください。

ニート歴が長い方も、職業訓練を受けてしっかり修了した、ということは働く意欲があることのアピールにもなります。

詳しくは、

ハロートレーニング(離職者訓練・求職者支援訓練)

をご覧ください。

就職エージェントを利用して就活をする

職業訓練を受ける場合、訓練期間が必要となります。

その間に年をまた取ってしまう・・・といった方も多いでしょう。

また、事情があって早くニートから就職したい、といった方もいるかもしれません。

その場合、就職エージェントを利用する方法がおすすめです。

職歴なし、ずっとニートだった人がいきなり就職活動をしようと思っても、何から準備したら良いのか分からないでしょう。

また準備を進めたとしても、これで良いのかな・・・?と不安になると思います。

就職活動をサポートしてくれる就職エージェントの中には、30代前半の方が利用できるサービスもあります。

応募書類(履歴書、職務経歴書)の添削、応募できる求人の紹介、面接対策、入社までの準備など、就活に関することを様々サポートしてくれます。

中には就職後、一定期間サポートしてくれる就職エージェントも。

31歳職歴なし、という方におすすめの就職エージェントには次のようなところがあります。

ジェイック

就職支援のJAIC(ジェイック)

ジェイックは充実した研修(就活支援講座)が特徴の就職エージェント。

就職カレッジは34歳までの方が利用できます。

職歴なし期間が長くても、ニート歴がある方も就職支援実績が多いジェイックをぜひ活用してみてください。

一般的な就職エージェントは、

  • カウンセリング
  • 求人紹介

が主なサービス内容となりますが、ジェイックは5日間の研修日程があります。

その後、書類選考なしで集団面接に進むことになります。

職歴なし期間が長い方にとって、書類選考が無いのは大きなメリットです。

他の就職エージェントでは就職が出来なかった方も、ジェイックを通じて正社員就職できたという方も多いです。

今の状況下ですべての就職支援サービスをオンラインで利用することができます。

女性の利用も多く、自分を変えて就職したいという方におすすめの就職エージェントです。

⇒ ジェイックの就職支援サービス 詳細はこちら

DYM就職

DYM就職はニート就職にも実績が多い就職エージェントです。

35歳までの正社員就職を目指す方が利用できます。

多くの就職エージェントが利用年齢を20代とする中、DYM就職は35歳までと、幅広い年齢の方が利用できることも特徴です。

DYM就職では書類選考なしで面接を受けることができます。

ジェイックは研修期間があります。

早く求人紹介を受けたい、といった場合にはDYM就職はピッタリでしょう。

選考のスピードが早いことも特徴です。
集団面接が苦手・・・という方もいるかもしれません。

そうした場合にはDYM就職の利用を考えてみてください。

DYM就職は仕事探しのスピードが早いことが特徴のエージェントです。

内定までの期間も2週間~1ヵ月以内という方が多いということです。

利用できる年齢の方は、DYM就職を活用して正社員就職を目指してみてください。

キャリアスタート

キャリアスタート、35歳までのニート、フリーターの方が未経験者から正社員を目指せる就職支援サービスです。

マンツーマンの面接指導が手厚く、高い内定率につながっています。

面接が不安と、という方も多いと思います。

面接対策に力を入れているキャリアスタートは、そうした方にピッタリとなる可能性があります。

求人数は少な目という評判が多いため、多くの情報を得たい場合には物足りないかもしれません。

手厚いサポートからニート向けの就職エージェントのひとつといえます。

⇒ キャリアスタートの就職支援サービス 詳細はこちら

自己分析をしっかり行う

31歳まで職歴なしできてしまったのはなぜか、といったことも含めて、自己分析をしっかり行うことが最初に必要です。

自己分析は、自分に合っている仕事を探すためにも重要な作業です。

過去の自分と向き合って、

  • どんなことが長続きしたか
  • 何が楽しかったか
  • どんな困難を乗り越えたか
  • 何から逃げ出したか
  • 自分が絶対にやりたくないことは何か

などを明確にしていきましょう。

自己分析の過程で、自分に向いている働き方、仕事が見えてくるはずです。

それが仕事探しの軸となりますし、志望動機にもつながってきます。

逆にいうと、自己分析がしっかりできていないと、求人に手当たり次第に応募する、といったことにもなりかねません。

「どこでも良いから正社員として就職したい」

といった就活は失敗しやすいです。

数うちゃ当たる、でもし正社員として就職できても、

「自分には合わない仕事だった・・・」

と早期退職する可能性が高いからです。

自分はどんな仕事に適性があるか、といったことを自己分析を通じて明確にしておきましょう。

31歳フリーター、このままアルバイトを続けるリスクとは

31歳という年齢を考えると、正社員就職を狙えるチャンスは減っていく未来しかありません。

就職氷河期世代の現状を見ていると、このままフリーターとして生活をしていくのはリスクしかありません。

正社員として就職するタイミングを逃してしまった結果、ずっと非正規雇用。
もしくはニート、引きこもりとなっている方も多いのです。

  • フリーター歴が長くなるほど、就職率が下がる
  • 年齢が上がるほど、アルバイトも不採用になりやすくなる
  • 時給が上がりにくい
  • 正社員との賃金格差が開く一方
  • 世間体が気になる
  • 体力も落ちてくる

30代でフリーターを続けることは、リスクしかない、と言って良いでしょう。

31歳はまだ未経験、職歴なしからでも就職をするチャンスはあります。

いくつかの就職エージェントも利用することができますから、30代前半の間に就職を目指すことが大切と言えます。

30歳を超えたフリーターは手遅れ?

仕事探し中の男性
30歳を超えたフリーターって就職は手遅れなのかな・・・?

と不安を覚えることがある、という方も多いのではないでしょうか。

30歳を超えて31歳、32歳・・・と年齢を重ねている場合。
これから先、就職できるのかな・・・手遅れになってしまっているかもしれない、と不安になる瞬間がある。

実際、30歳を超えると、フリーターから正社員として就職するのは厳しくなります。

しかし、就職活動のやり方によっては、30歳以上であっても正社員として就職することは可能です。

その方法として、当記事では30歳を超えても利用できる就職エージェントをご紹介しています。

とはいえ35歳以上になるとさら就職が厳しくなりますから、できるだけ年齢が若いうち、つまり今の年齢の間に就職ができるように行動することが必要になります。

30歳を超えて職歴なしフリーターでも手遅れではないです

30歳を超えて職歴なしフリーター、という方もいらっしゃると思います。

職歴が無いと、応募する求人によっては書類選考で落ちることになりますし、面接でも厳しい質問がされることもあります。

つい言葉に詰まり、面接で沈黙が続く・・・といった場面を経験したことがある方も多いかもしれません。

職歴なしフリーターから正社員として就職する場合、面接対策はとても重要になります。

どんな質問をされたとしても、ポジティブな答えに変換して答えられるように準備をしておくことが必要です。

書類選考については、書類選考なしで面接を受けられる就職エージェントを利用すればパスできるので、その方法をおすすめしています。

書類選考の通過率が高い方は、一般的な求人サイトを利用しても良いですし、書類選考のある就職エージェントを利用しても良いと思います。

エージェントの方が、応募書類の作成にアドバイスも貰えますからより通過率が高くなりますね。

こうしたサポートを利用して就職を目指すことで、30歳を超えて職歴なしフリーターの方でも就職は手遅れではなくなります。

30歳職歴なしは手遅れなのか

30歳職歴なし、経歴だけを考えると正社員就職するのは手遅れかもしれない・・・と思ってしまう方もいるかもしれません。

しかし、そんなことはありません。

少子高齢化が進む日本では、30歳は若手という認識が広がっています。

実際、30歳も利用可能な就職エージェントは一昔前と比べると増えましたし、それはつまり人材として需要が高くなっていることを意味します。

「もう手遅れなのかも・・・」

と思って行動しない方が、手遅れになってしまいます。

実際、30歳を超えて年齢を重ねるごとに正社員就職は難しくなってしまいます。

就職エージェント、プロの力を利用できる年齢ですから、こうしたエージェントも活用しながら、自分でも求人サイトを利用して応募しながら、といった行動量で就職を目指すのがおすすめです。

求人への応募、行動量は多いことが内定を貰うためには必要です。

30歳職歴なしは手遅れではありません。

そうした弱気な気持ちは蹴っ飛ばして、行動を続けていきましょう。

30歳、31歳職歴なしから就職に成功するために

31歳で就職に成功

31歳職歴なし、フリーターやニートから正社員就職するための方法についてご紹介しました。

一ついえるのは、自力での就活は非常に厳しいものになりやすい、ということです。

就活も長くモチベーションを保つのは難しいですよね。

就職エージェントを利用する方法をおすすめしていますが、平均して1ヵ月~2ヵ月といった期間で内定を貰える人が多いからです。

自力で就活をした場合、半年、1年と就職活動をしても内定が貰えない可能性もあります。

職業訓練はまた違いますが、そちらも期間が必要です。

就職エージェントは、求職者を徹底的にサポートして内定獲得まで導くことが仕事です。

利用できるものは利用する、といったことが31歳職歴なしからの就職には重要だといえます。

一人では悩んだり、迷ったりすることが多い就職活動。

サポートを上手く活用して内定獲得を目指しましょう。

やりたい仕事が決まっていなくても、具体的に職種を絞っていなくても、まずは相談から始めることができます。

31歳 職歴なしから就職する方法

でも30代が利用できる就職エージェントについて詳しくご紹介しています。

こちらも合わせてご覧になってみてください。

ケース別、おすすめ転職エージェント

リクルートエージェント
全年代にオススメ、圧倒的な求人を取り扱う大手転職エージェント、リクルートエージェント。
職歴がある方すべてにおすすめです。

ジェイック
18歳~35歳までの職歴なしフリーター・ニートの方におすすめ。
東京は30代カレッジ(39歳まで利用可能な就職支援)もあります。

ハタラクティブ
20代向け転職エージェント。職歴なしフリーター・ニートの就職支援にも多くの実績あり。

-ニート就職
-, ,

© 2022 【これからの働き方】仕事と転職