ニート女性の就職活動

ニート就職

31歳 ニートが就職する方法

仕事探し中の男性
31歳でニート・・・今から就職活動をして正社員になることはできる?

気づけば31歳でニートという状況。
就職はしたい。

でも、就活のやり方ってどうすればいい・・・?

と悩んでいるニートの方もいるかもしれません。

結論をいうと、31歳であればニートの人もまだまだ就職することは可能です。

5年、10年とニート歴が長くなってくると就職活動のやり方が分からずに、就活が始められないといった悩みがある方も大丈夫です。

今は未経験者向けの求人を扱う就職エージェントもあります。

ニート向け転職エージェント

といった就職エージェントを利用することで、職歴なしの方も就職を目指すことが出来ます。

31歳 社会人未経験ニートが就職するには

女性ニート

ニートになったきっかけも色々とあると思います。

空白期間が長く、職歴なしの人は企業としては採用しにくいのが実際です。

30歳を超えている人を新人教育するよりも、未経験者を採用するならもっと若い20代を、と考えるためです。

しかし、企業の中には30代の未経験者を採用しているところもあります。

31歳で社会人未経験、ニートの方が就職を目指す場合には、こうした企業からの求人を探して応募することが大切になります。

一般的な求人サイトでは見つけにくいニート向け求人

こうしたニート向け求人ですが、一般的な求人サイトでは見つけるのが難しいです。

基本的には求人サイトは「即戦力となる人材を採用するため」に掲載している企業が多いためです。

ニート歓迎、といった企業はまず見ることがないでしょう。

そのため、職歴なし未経験から正社員就職を目指す、若年者の就職支援を専門に行っている就職エージェントを利用する方法がおすすめです。

紹介してくれる求人は未経験者歓迎、ポテンシャル採用が中心です。

ニートを続けるリスクを理解して、就活を始めることが大切

ニートを続けていくとどういったリスクがあるかを知ることも、就職活動をする上で大切です。

就職を先延ばしすることで、リスクが大きくなります。

できるだけ早い時期に、就活をスタートさせるきっかけになるのではないでしょうか。

ニートを続けていると、経済的に行き詰る可能性

ニートはお金がない

ニート生活をしていると、収入がありません。

生活に関しては親の経済力に頼っている人がほとんどでしょう。

自分が年を取るのと同様に、親も年を取っていきます。

生活を支援してくれている親が退職し、いずれは介護が必要になるかもしれません。

また一般的には子供の方が長生きですから、いずれは経済的に困窮することが考えられます。

その時になってから働こう、と思っても難しいです。

ご家庭によっては、既に親が退職、年金生活をしているかもしれません。

ニートから脱出。
少しでも若い年齢の間に就職して、収入を得られるようにしておく必要があります。

ニート期間が長くなると、就職が難しくなる

31歳はまだ就職先を見つけられる年齢です。

しかし、このままニート生活を続けていき年齢が上がった場合。

35歳を区切りとして、未経験から就職を目指せる仕事が激減してしまいます。

正社員として働きたくても難しい状況となってしまいます。

30歳を超えると、次第に応募できる未経験者OKの正社員求人が減ってきてしまうのです。

ニート向け就職支援サービスを利用しても、31歳、32歳、33歳・・・と年齢が上がるとともに、就職が難しくなっていってしまいます。

ニートから正社員就職するために、就職先が見つかる年齢の間に、就職を目指すことをおすすめします。

アルバイトも不採用になることが増える

正社員として働くのが難しければ、アルバイトとして収入を得ようと考えるかもしれません。

ニートから社会復帰する第一歩として、アルバイトから少しずつ働こう、と思うこともあるかもしれません。

しかし、年齢が高くなるとアルバイトすら採用されにくくなってきます。

働きたくても働けないリスクを減らすためには、早い時期に社会復帰を目指す必要があります。

動きたくても動けなくなる

中年、高齢ニートになると、どんどん自信がなくなっていく人が多いようです。

正社員は厳しく、アルバイトも不採用になることも増えます。

そうした現実もあり、動きたくても動けなくなります。

そのまま親の年金だよりもニートを続け、問題となっているケースもあります。

31歳ニートが正社員になるための方法

31歳ニートの就職

31歳の間にニートを脱出、正社員になろう、と就職活動ができる方はポイントを抑えた就活をすることで、内定獲得を目指してください。

また求人を探す方法は主に以下となります。

公的な就職支援を利用する

ハローワークを中心に求人を探すこともできます。

ニートから社会復帰を目指すために相談したい場合には、サポステを利用されるとよいでしょう。

サポステは相談する場です。
カウンセラーがいる施設もあります。
親がサポステに相談するケースも。

求人の紹介はハローワークを利用することになります。

公的な就職支援を利用する場合でも、

「おおむね44歳以下」

など年齢制限がありますから、できるだけ早い年齢の時に利用して就職活動に踏み出すことが大切です。

民間の就職支援サービスを利用する

ニートから正社員になるために、就職活動ができる人は民間の就職支援サービスを利用する方法がおすすめです。

扱っている求人も未経験者向け、ポテンシャル採用が多いため、自力で就活をするよりも内定率の高い就活が可能です。

内定獲得に向けて、応募書類の添削、企業の詳しい情報、面接対策などのサポートも受けられます。

多くの就職エージェントは20代向けです。

しかし、中には次のように30代前半までの就職を希望するフリーター、ニートが利用できる就職エージェントもあります。

31歳ニートでも採用してくれる企業の求人を探す

就職のことを具体的に考えた場合、31歳ニートを採用してくれる企業を見つけることが必要です。

では、そうした求人をどこで見つけるか、というと先ほどご紹介した就職エージェントがおすすめです。

ハローワークを利用する場合には、トライアル雇用を中心に求人を探すと良いかもしれません。

普通に求人検索をしても「ニート向け」求人は見つかりません。

時間だけがかかり、欲しい情報が得られない可能性が高いです。

企業の詳しい情報にしても、取材に訪れるなどして情報量を多く持つ民間の就職エージェントを利用するメリットは大きいといえます。

内定率の高い就活のやり方とは?

内定を貰うには、応募する仕事の種類についても考える必要があります。

未経験者採用が多い職種を中心に応募する、ということになります。

経験者採用が多い職種に応募しても、書類選考で落ちてしまいます。

未経験者の採用が多い職種を狙う

31歳職歴なし、というニートの方も多いと思います。

30代の職歴なしから就職を狙える職種をいくつかご紹介します。

  • 営業職
  • ITエンジニア
  • 介護職
  • 工場製造スタッフ
  • タクシードライバー
  • 販売職

などがあります。

31歳 職歴なしから就職する方法

でもご紹介しています。

求人数としては営業職が多いです。

営業職も様々な仕事内容、働き方があります。

新規開拓でノルマがキツイ会社ばかりではありません。

情報収集してみると、自分でもできそう、興味のある商材を売っている企業が見つかるかもしれません。

ニートから就職を目指す場合、こうした人手不足の業界、職種を狙って応募することで、書類選考に通過しやすくなりますしアピール次第では内定も貰えるでしょう。

ニート生活から規則正しい生活に変えていくことも大切

ニートを脱出して正社員として働くことを目指す場合、生活習慣を規則正しいものに改善していくことも大切です。

どうしても時間が自由なニート生活をしていると、昼夜逆転してしまう人が多いでしょう。

就職して働く場合、朝から夕方までフルタイムで働く会社がほとんどです。

少しずつ、朝型の生活に変えていくようにしましょう。

面接も早いと9時から行われることもありますから、頭が回転しないまま面接を受けることになりかねません。

少しずつ起床時間を早め、就寝時間も変えていきましょう。

31歳の間にニートが就職するには

31歳ニートから正社員として働くためのポイント、利用をおすすめする就職エージェントについてご紹介しました。

職歴なし社会人未経験から正社員就職を目指す場合、間違いなく言えるのは、年齢が若い方が就職には有利ということです。

就職も簡単にはいかないかもしれませんが、行動しなければずっとニートを続けることになります。

中年ニートになると、就職は非常に難しくなってしまいます。

ニートの末路を避けるため、将来の生活を考えて、31歳の間に就職を目指されることをおすすめします。

ケース別、おすすめ転職エージェント

リクルートエージェント
全年代にオススメ、圧倒的な求人を取り扱う大手転職エージェント、リクルートエージェント。
職歴がある方すべてにおすすめです。

ジェイック
18歳~35歳までの職歴なしフリーター・ニートの方におすすめ。
東京は30代カレッジ(39歳まで利用可能な就職支援)もあります。

ハタラクティブ
20代向け転職エージェント。職歴なしフリーター・ニートの就職支援にも多くの実績あり。

-ニート就職
-,

© 2022 【これからの働き方】仕事と転職