30代ニートはやばい

フリーター就職

30代フリーターのやばい将来、末路を変えるには

悩むニート
ずっと正社員経験なし。フリーターのまま30代になってしまったけれど、もしかしてこのままだとヤバい?
悩む女性ニート
フリーターはやっぱり立場が弱い。シフトが減って、ヤバいかな?と思っていたら・・・やっぱりそのあと解雇。次に働くなら正社員がいいな・・・でも30代で職歴なし、これってやばい?
30代フリーターはやばい、と自分でも思っていませんか?

大学を卒業するときに就職が決まらずフリーターに。
その後ずっと、アルバイト生活。

大学を中退、高校を卒業してから就職せずにフリーターを続けてきたという方も多いのではと思います。

なんとなく就職する気にならなかった、就活したけれど内定が貰えず諦めた・・・夢や目標を追いかけている間に30代になっていた、など。

30代でフリーターという方にも理由がいろいろとあると思います。

しかし、これから先もずっとフリーターでいるのは危険です。
気楽だから30代、40代もアルバイトを続けるつもり、という方は少ないと思います。

仕方がないからフリーターを続けている・・・といった方も多いかもしれません。

職歴なしでも正社員として、まだまだ就職できる年齢です。

34歳以下の方、35歳を超えて就活をする場合に利用できる就職支援サービスからご紹介したいと思います。

このままずっとフリーターを続けていると、やばい将来、末路が待っています。

今の年齢の間に正社員として就職できるように、一歩踏み出しませんか?

30代フリーターでやばい・・・「正社員になりたい」人は行動を

30代後半フリーターの悩み

30代でフリーターをしていて、

「そのうち正社員にはなりたいけれど・・・」

という気持ちがある方は、すぐに就活を始めることをおすすめします。

悩むニート
そうはいっても就職活動のやり方が分からない・・・

大丈夫です。

今は職歴なしフリーターの方であっても内定獲得までサポートしてくれる就職支援サービスが複数あります。

30代でも利用できる就職支援サービスがちゃんとあります。
ぜひ活用してみてください。

いつまでも就活を始める準備をしていて、肝心の就職活動がスタートできない・・・といった残念な人になってはいけません。

この後ご紹介する就職支援サービスを利用することで、就活の準備もしながら求人の紹介を受けて、応募をしていくことができます。

早い人だと2週間~1ヵ月といった短期間で就職が決まることも。

30代という年齢を考えると、就職のチャンスを増やすために複数の就職支援サービスを利用するのがおすすめです。

年齢によって、利用できる就職支援サービスが変わってきます。

当然ですが、30代前半までの方が就職を目指しやすいです。

今の年齢が一番若いですから、できるだけ早く行動して就職を目指してください。

34歳までのフリーターが取るべき就職活動の方法

34歳までのフリーターの方であれば、利用できる就職支援サービスは複数あります。

職歴なしフリーターの就職活動は今の状況下では、とても厳しいです。

内定を貰うために、少しでも可能性が高い就職活動をすることを考えてみてください。

まずは相談してみて、それから就職支援サービスの利用を考えることもできます

ブラック企業や離職率の高い業界は除外して、求人を紹介してもらえるのも、利用するメリットの一つです。

ジェイックなら34歳までのフリーターが利用できる

30代でフリーターから正社員になるなら、ジェイックが内定率が高くおすすめです。

就職支援のJAIC(ジェイック)

就職支援の手厚さでいうと、ジェイックが業界トップクラスといって良いでしょう。

ジェイックが提供しているメインの就職支援が「就職カレッジ」です。

34歳まで、正社員就職を目指す方が利用できます。

ずっと職歴なし、という方も問題なくジェイックを利用して正社員就職を目指すことができます。

  • 就職成功率
  • 入社後定着率

が高いことが特徴です。

無料の就職支援講座を受けた後、優良企業との面接に進むことができます。

書類選考なしというのが大きなメリットです。

ジェイックをおすすめする理由として、利用可能なエリアが広い、ということがあります。

東京、千葉、神奈川、埼玉、愛知、大阪、兵庫、福岡、広島、仙台、神戸、札幌など全国主要都市

求人状況によりますので、タイミングによっては就職支援が利用できないエリアもありますが、少し待つと申込できるようになります。

ジェイック公式サイトで、就職支援の申し込み状況をぜひ確認してみてください。

人生を変えるために就職活動をするのですから、アルバイトはなんとか調整してださい。

アルバイトが忙しくて就活が出来ない・・・というのも、就職活動をしたくない一つの言い訳になります。

⇒ ジェイック公式サイトで利用可能なエリアを確認してみる

DYM就職は35歳まで利用可能

DYM就職は職歴なしフリーターの就職にも実績が多い就職エージェントです。

35歳までの方が、正社員就職を目指すために利用できます。

DYM就職では書類選考なしで面接を受けることができます。

早く求人紹介を受けたい、といった場合にはDYM就職はピッタリでしょう。

選考のスピードが早いことも特徴です。

内定までの期間も2週間~1ヵ月以内という方が多いということですよ。

年齢が上がるにつれて、紹介できる求人が少なくはなってくる、というのはどの就職エージェントも共通します。

利用できる年齢の方は、DYM就職を活用して正社員就職を目指してみてください。

⇒ DYM就職の就職支援サービス 詳細はこちら

東京都限定、39歳まで利用できる就職支援サービス

ジェイック「30代カレッジ」は39歳まで利用可能

東京都に限定はされますが、先ほどご紹介したジェイックは39歳までを対象とした就職支援サービス「30代カレッジ」も行っています。

2020年2月17日より30代限定の就職支援講座として、スタートしました。

既に多くの方が、正社員就職に成功しています。

利用をぜひ相談してみてください。

⇒ ジェイック公式サイトはこちら

東京しごとセンター【ミドルコーナー】は30~54歳の求職サイト

東京しごとセンター【ミドルコーナー】は30~54歳までの方が利用できる求職サイトです。

東京都で就職を考えている方におすすめです。

30代後半、40代フリーターの方は東京しごとセンターの利用もおすすめです。

状況によって説明会の開催が変わってきますので、最新情報を公式サイトでチェックしてみてください。

⇒ 正社員未経験大歓迎!利用はすべて無料!東京都内での就職なら!【ミドルコーナー】

35歳以上の就職活動の方法

31歳の就職活動

30代後半フリーターの就職活動はかなり厳しいことを前提に動くことが必要です。

就活は厳しいですが、就職できない、ということではありませんから諦めずに行動することが大切です。

35歳以上の就職活動の方法としては、次のようなものがあります。

  1. 35歳以上でも利用できる就職支援サービスの活用
  2. 職業訓練を受けて手に職をつける
  3. 紹介予定派遣を利用する
  4. 正社員登用ありのアルバイトを狙う

35歳以上でも利用できる就職支援サービスの活用

30代後半になると、どう応募できる求人を見つけるか、がとても重要になってきます。

それも職歴なしフリーターの方の場合、

「未経験者可」

の求人を見つける必要があります。

リクナビなど膨大な求人を掲載している求人サイトを利用しても、なかなか見つけにくくなってきます・・・

それに、頑張って応募しても書類選考で落ちることが多いのです・・・

それであれば、求人数を絞っても良いですから就職支援サービスを利用、サポートしてもらいながら正社員就職を目指す方法がおすすめです。

職業訓練を受けて手に職をつける

職業訓練校を利用してスキルを身に付けて、就職を目指す方法もおすすめです。

技術が身に付くコースが就職に結びつきやすいです。

Webデザインなどを学び、IT業界へ就職を目指すことも可能です。

ただし、職業訓練校出身で30代後半となると、やはり就職は厳しいものとならざるを得ません。

どういったスキルを身に付けて働いていくかを、じっくりと考えることも必要です。

工業、建設関連は人手不足のために年齢が高くても就職を目指しやすいという事情もあります。

東京都であれば、

東京労働局 職業訓練(就職に向けてスキルを身につけたい方へ)

などを参考にしてみてください。

都道府県それぞれで職業訓練について情報を探すことができますので、

「仙台 職業訓練」
「京都 職業訓練」

などで探してみてください。

紹介予定派遣を利用する

正社員採用を前提とした、紹介予定派遣を利用して働く方法もあります。

女性の方が利用しやすいかもしれません。

紹介予定派遣を利用するにしても、稼働実績、働き方が重視されることも多いです。

まずは登録をして働き方について相談されると良いと思います。

大手派遣会社の利用がおすすめです。

⇒ テンプスタッフ

また、派遣求人をまとめて探すことができる。

⇒ リクナビ派遣

の利用も便利です。

正社員登用ありのアルバイトを狙う

求人数は非常に少なくなりますが、正社員登用あるのアルバイトから就職を目指す方法もあります。

ただし、業界・業種がかなり制限されます。

またアルバイトとして働いている間に勤務先の経営状況が悪くなると、正社員登用どころではなくなる可能性もあります。

確実に正社員登用してもらえる保証がない場合が多いため、終わってみれば3年フリーター期間が長くなっただけ・・・となりかねません。

30代後半という年齢を考えると、あまり現実的ではない仕事探しの方法ではあります。

30代フリーターがやばい理由

フリーター

30代でフリーターだとやばい理由があります。

よくよく考えると、30代でフリーターをしていることのリスクは大きいですね・・・

年齢が高いフリーターはどんどん就職が難しくなる

フリーター歴が長くなると、就職がどんどん難しくなってしまいます。

次の表をご覧ください。

フリーターからの正社員就職率

図表6-34 フリーター継続期間と正社員になれた割合(N=640)
大都市の若者の就業行動と意識の分化- 「第4回 若者のワークスタイル調査」から-より

フリーター歴が長くなると、正社員就職率が下がるという調査結果です。

少し前のデータとなりますが、今はさらに厳しい就職状況だと言って良いでしょう。

20代でもフリーター歴が長いと就職が厳しいです。

30代後半でフリーター、フリーター歴が10年を超える方も多いと思います。

だからといって就職を諦めるのではなく、1日でも早く正社員として働くことができるように就活をすることが大切です。

フリーターと正社員の給与格差

フリーターの年収として120万円~150万円といった方が多いと思います。

時給が高くてフルに働いたとしても、年収200万円といった金額ではないでしょうか。

高卒、大卒として就職、ずっと働いてきた30代と比較すると、年収にして200万円以上の差が生まれている可能性があります。

フリーターは賞与もありません。

どれだけ頑張っても年収が増える当てがなく、厳しいです。

今体力にいわせて働いているフリーターの方は、将来、体力も落ち年収も減る可能性があります。

フリーターはクビになりやすい

フリーターは立場が弱いです。

オーナーや店長としても、好んでシフトを減らしているわけではないと思いますが、経営状況が悪くなると、どうしても真っ先に給与が削られます。

また、解雇されやすいというリスクがあります。

30代ともなれば、そうそうアルバイトも簡単に見つからなくなってくるでしょう。

フリーターのみならず、派遣、契約社員、正社員も含めてリストラが増えつつある現状、アルバイトを見つけるのも容易ではありません。

フリーターから無職、そしてニートという可能性もあります。

ニート期間があると、さらに就職が厳しいものとなってしまいます。

結婚・出産などを考えにくい

会社員になれば安泰、とはいえない状況ですがフリーターはもっと不安定です。

給料が少ないため、結婚・出産といったことを考えるのが難しくなります。

自分が食べていくだけで精一杯・・・貯金も無し、毎月カツカツ。

そうした生活の中で、結婚・出産といったことを考えるのは難しいでしょう。

末路に向かって歩みを止められない、といえるかもしれません。

働けなくなると収入が一気に途絶える

フリーターはお金がない

フリーターは時間給で稼ぎます。

働いた分だけ、お給料を頂けます。

ということは、病気になったりケガをしたりして働けなくなると、給料がゼロになります。

長期で休むことになると、あっさりクビ、といったことも多いでしょう。

収入が不安定です。

フリーターはスキルが身に付かない

カフェでアルバイト

アルバイトがする仕事は、はっきりいうと誰でもできる仕事です。

そのため、スキルが身に付きません。

だから、アルバイトの経歴は就活で評価されないのです。

もちろん一部のアルバイトは就職先によっては評価してもらうことが出来ます。

販売のアルバイトをしているのであれば、接客・サービス業に就職しやすいです。

テスター、デバッガーとしてアルバイトが長ければ、SES会社などに就職を目指せるかもしれません。

まず正社員となり、それからステップアップのための転職を目指すのはありです。

しかしフリーターのままだと、どんどん正社員になるのが難しくなります。

スキルが身に付かないフリーターは早く脱出する必要があるのが30代といえます。

フリーターは社会的信用が低い

フリーターは収入が不安定、ということで社会的信用が低いです。

ローンも基本的には組めませんし、クレジットカードも審査で落ちることが多いです。

大きな出費が必要なとき、対応できない可能性が高くなります。

人によりますが、30代以降になると、社会的信用が低いことで困ることも少しずつ増えてくると考えられます。

30代後半フリーターは特にヤバい、早めの就職を

30代フリーターはどんどんリスクが大きくなっています。

  1. 未経験歓迎の求人が減り、正社員になるのが難しい
  2. 正社員との年収格差
  3. スキルが身に付かない
  4. 結婚・出産を考えるのが難しい
  5. 収入が途絶える可能性

30代後半、40歳も近くなってくるとさらに厳しさを増してきます。

早くフリーターを脱出するために行動することが大切です。

30代前半であれば、まだまだ利用できる就職支援サービスも多いです。

30代後半でも利用できる就職支援サービスもありますし、職業訓練を利用してスキルを身に付けるといった方法も考えることができます。

本当に就職が厳しくなる40代になる前に、就職を目指してください。

30代でフリーターから正社員就職するために、どうすればいい?

30代フリーター女性の就職

30代でフリーター脱出、正社員就職する方法として就職支援サービスの活用をおすすめしています。

ジェイックの就職カレッジは34歳まで。

DYM就職は35歳までの方が利用可能です。

⇒ ジェイック公式サイトで利用可能なエリアを確認してみる

⇒ DYM就職の就職支援サービス 詳細はこちら

30代後半の方はハローワーク、職業訓練の利用を考えるなど方法はあります。

ネットビジネスは当たり外れが大きいですし、稼げているのはごく一部といって良いです。

フリーターよりも状況が悪くなる人も多いですから、過度な期待をもって取り組まない方が良いと思います。

30代フリーターがやばい理由、まとめ

30代フリーターがやばい理由をご紹介しました。

またどのように30代フリーターを脱出し、正社員就職するかといった方法についてもご紹介しました。

このままフリーターを続けていても人生が好転するとは思えません。

厳しいかもしれませんが、就職活動に取り組むことが大切だといえるでしょう。

諦めずに行動する人は、必ず内定を貰えると思います。

就職支援サービスが利用できる方は、全部活用するといった考え方で良いと思います。

年齢が上がるたびに就職が厳しくなります。

今の年齢のうちに正社員になれるように、ぜひ行動をしてみてください。

-フリーター就職
-,

© 2021 31歳 職歴なしから就職する方法