ニート就職

29歳 無職・ニート女性が就職するにはどうしたら良い?

29歳といった年齢にもなると、さすがに意識することが多くなる30歳。

20代の間に正社員就職したい、という気持ちがある方女性ニートの方も多いと思います。

現在、無職、ニートの女性が正社員として就職に成功するにはどういった就職活動の仕方が成功率が高くなるでしょうか。

20代であれば、職歴なし女性ニート向け就職支援サイトを活用する方法なども成功率を上げての就活が出来るため、就活に動ける場合にはオススメです。

29歳 無職・ニート女性が就職するには

無職ニート女性の就職

29歳と20代後半の無職、ニート女性が就職をするのは、通常の就活方法では難しいです。

ニート期間にもよりますけれど、書類選考で落ちることが多いため、思ったように面接にも辿り着けないのではないでしょうか。

30歳を越えて無職ニート状態が続くと、本当に就職が厳しくなる、ということは複数利用した就職エージェントの方も言っていましたね。

サポートしてあげたい気持ちはあるけれど、紹介できる求人が本当に減るということで・・・。

30代でも利用出来る就職サイトもありますよね、DYM就職、就職shopなどは30代でも相談が可能です。
(DYM就職は35歳までのニート・フリーター、就職shopは年齢制限なし)

ですが、実際には30代向け求人の割合は少ないようなので、ガンガン紹介してもらって就職先が選びやすい、といった状況はあまり期待しない方が良いのかもしれません。

20代後半、29歳といった年齢であればまだまだ紹介可能な正社員求人はあります、ということなので無職・ニートから脱出したい女性はこうした就職支援サービスを利用する方法もオススメです。

ジョブカフェやわかものハローワークは就活期間が長くなる感じがしたので、途中で利用するのは止めた経験があります。

職歴なし無職、ニート女性が就職するための就職支援サイト

職歴なし無職、ニート女性の場合も就職は厳しいですが年齢的にはまだ大丈夫です。

普通に就活をしているとニート歴があると書類落ちしますけれど、就職支援サービスの中には、大敵である「書類選考が無い」ところもあります!

の2つは書類選考無し、ニートでも様々な業界・業種の求人を紹介してもらい就職を目指せるのでオススメです。

就職shopはリクルートが運営していることもあって、求人数が多いのが良いと思います。

コンサルタントのサポートもしっかりしている印象を受けました。

ジェイックはニート歴があって、自分を変えたい人はぜひ来てください、ということでした。
短期間で就職できることもポイントです。

自分で言うのもなんですが、29歳、もうすぐ30歳となるとあまり仕事を選んでいると、就職先が決まりにくいですね・・・。

とはいえ、就職できるならどこでも良い、というわけではないですよね。

絶対にやりたくない仕事

を考えておいて、それ以外の仕事については出来るだけ情報収集をしてみるようにしたのも良かったのかもしれません。

最初は考えていなかったプログラマーの仕事に意外と適性がある、ということで就職を目指すようになりました。

人手不足の業界、職種を狙うとニート女性も就職しやすい

無職、ニートから就職を目指す場合。

ニートになって1週間、それまで正社員で働いていました、といった方は別ですが、ニート歴が1年とかもっと長いと就職先を選んでいるとなかなか決まりません。

ニートから就職しやすい業界・業種を狙うのも大切なポイントになります。

・IT業界
・小売り
・製造
・建設
・介護

といった業界は20代なら未経験者を採用してくれる企業は見つけやすいといえます。

職種としては、未経験者から就職を目指す場合に女性向けといえるのは、

・事務職
・ITエンジニア職
・販売・サービス職

といった職種でしょうか。

営業職でもOK、という女性もいるかもしれませんね。

業界よりは職種から探した方が良い、というアドバイスも頂きました。

無資格、職歴なし未経験で就職を目指せる仕事はある程度は限定されるので、それ前提で探せる人は、就職が決まるのはやはり早いということでした。

どうしてニートになった?

ニートから正社員就職を目指して就職活動をする時、避けては通れないのが「面接」です。

書類選考なし就職支援サービスでも、必ず1回は面接があります。

面接しないとどんな人か分かりませんからね・・・なので、面接に向けて最大限集中して準備します。

ニート歴がある人が必ず面接で聞かれるのが、

「どうしてニートになったの?」

という質問です。

素直にニートになったいきさつを答えるのが良いです。

ヘンに良く見せようと嘘をついたり、話を盛る必要はないと思います。

ニートになった理由を盛るにしても、私は思いつきませんが・・・

他の人はどうしてニートになった?
思った事はありませんか?

調べてみたところ、

・病気、ケガで就活が出来ず、そのままニートに(既卒)
・大学中退して就職できずニート
・公務員浪人、諦めて就活も落ち続けニートに
・就活に失敗し、自称家事手伝い
・夢を追いかけてフリーターになったものの、いつのまにかニートに
・正社員で働いていたが、人間関係、パワハラなどで退職しニート生活

など、何らかの事情で就職出来なかった人、就職したかったけれど就職できなくて挫折しニート、といった感じの人も多いみたいです。

なりたくてなったわけではなく、抜け出したいけれどニートから脱出できないで悩んでいる、といった方もニート女性も多いのではないでしょうか。

無職ニート女性は人生終わり、人生詰み?

もしかすると、仕事もせずニート生活が長くなってしまっている女性ニートの方の中には、思考がネガティブになってしまい、

「もう人生終わったかも・・・人生詰んだかも」

と考えてしまう方もいるかもしれません。

私もニート期間が思った以上に長くなり、就職したくても書類選考にすら通らない日々が半年など続いたとき、とてもネガティブな考え方になっていました。

「もうこの先ずっと無職・・・仕事が見つからなかったら人生詰んでるな・・・」

私の両親は晩婚だったため、私が29歳でニートをしていた時には、父76歳、母64歳でした。

元々病気がちな父親でしたし、高齢です。

いつ転んで骨折して入院したり(このくらいの高齢になると、寝たきりの可能性もあります)、病気になって入院するか分かりません。

この年齢でニートなんて、なんて親不孝なんだろう・・・と考えてしまって、本当に超ネガディブでした。

今考えると、そんなネガティブな状態では応募書類の志望動機なども、内容がちょっとズレているんですよね。

前向きな感じがしません。

時々「働かせてください」「就職できなければ困るんです」なんて書いていたこともありました。

そんな履歴書、送られても困りますよね・・・。

そうした人生終わった、人生詰んだ感満載の自分から抜け出すには、人との関わりがとても大切だと思います。

私の場合には、高校時代の親友が心配してあえてガツンと厳しいことを言ってくれたので、目が覚めました。

誰でも良いと思います。

親からの言葉で切り替えられるかもしれませんし、そうした存在がいないな・・・といった方は、それこそ、無職、フリーター・ニートの正社員就職をサポートしてくれる就職支援サービスを活用しても良いと思います。

29歳 女性ニートが就職する際の注意点

ニート無職から就職

無職、ニートの状況を脱出したい。

と思ったら、就職を目指すのが一番良い方法だと思います。

非正規雇用として働くと、そこから抜け出す(正社員になる)のが難しいからです。

難しい状況を続けるよりは、正社員を目指すのが良いと思います。

29歳は未経験から正社員になれるラストチャンス

29歳という年齢は、正社員未経験ニートがギリギリ就職を目指しやすい年齢です。

30歳を超えてからも就職は無理ではありませんが、難易度は20代と比較して30代は上がります。

その理由の一つは、多くの企業が未経験者の採用を29歳で区切りとしていることが挙げられます。

ですから、29歳の間に就職を成功させる、という気持ちで就活をする必要があります。

職歴なし未経験、無職ニート女性は正社員として就職できるラストチャンス、といった気持ちで就職活動に取り組んでみていただきたいと思います。

ブラック企業の求人に引っかからない

ブラック企業は内定が出やすいのが特徴です。

基本的に、29歳無職ニートの人は就職は大変だという前提で就活を進める必要があります。

しかし、すぐに内定が出る、給与が相場よりも高過ぎる、面接の感じが良すぎる、アットホームな職場をすごく打ち出している、などの場合ブラック企業な可能性があります。

ブラック企業に勤務すると、長時間の残業、サービス残業、休日出勤、パワハラなどに遭遇する可能性があります。

長く働くには大変厳しい環境ですから、ブラック企業には就職しないに限ると言えます。

アラサー ニート女性 30歳になる前に就職を

アラサー29歳ニート女性の就職は、簡単ではありません。

しかし、記事中でご紹介したようなニートOKの就職支援サイトを活用することで、就職活動のサポートを得られますし、内定の可能性がある企業の求人を紹介してもらうことが出来ます。

30代になるとニートからの就職は、さらに難易度が高くなります。

また応募できる求人がさらに絞られることから、就職を目指せる職種も制限されてきます。

少しでも就職の選択肢が広い、20代の間に就職を目指すことをおすすめします。

29歳 無職・ニートから正社員就職するには就職支援サイトの活用がポイント

就職相談に来た方(ニート・フリーター)を就職させるのが仕事ですから、様々なアドバイスをくれます。

実際にニート歴が長い29歳でも応募できて採用される可能性のある企業を紹介してくれますし、面接対策も様々なアドバイスをくれます。

一人だと、たぶん私も就職は無理だったかな・・・と思います。

無職、ニートで自宅に引きこもっていると、やっぱり社会との接点が無くなってきます。

無収入もじわじわ精神的に堪えますね。

精神的に追い詰められますよね。

そうした「人生終わった、詰み」といった考え方から抜け出すには、人とのコミュニケーションかなと思います。

ですから、人と会うという意味でも専任のアドバイザーがついて内定獲得までサポートしてくれる就職支援サービスの活用は良いと思います。

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoはニートやフリーターといった経験の浅い若者の就職支援にも強い就職エージェントです。

既卒、大学中退者の方など幅広く20代向けの未経験者向け求人を取りそろえており、求職者一人ひとりに合わせて紹介が可能ということです。

求職者に寄り添うサポート、内定獲得まで二人三脚でサポートしてくれます。

応募書類の添削、面接対策はもちろん、企業の比較で迷った時も相談してみてください。

面接対策にも力を入れています。

面接でされる質問を想定して、対策を相談していくことが出来ます。

ニートの方も高い成功率で就職活動を行うことが出来る就職エージェントです。

東京、大阪、名古屋、福岡

を中心として利用できます。

詳しくは第二新卒エージェントneoの公式ページでご確認ください。

⇒ 第二新卒エージェントneo 詳細はこちら

就職shop

リクルート運営の20代フリーター・ニートの方向け正社員求人が中心、就職shopです。

・利用企業数が多い
・未経験者向け求人が豊富
・幅広い業種・職種の求人
・書類選考無しで面接
・関東、関西での就職にオススメ

就職shopは非常に多くの企業が利用をして採用を行っています。
フリーター・ニート歓迎の会社が多く、定着率の高い職場も多いことが特徴です。

登録企業数が非常に多く、幅広い業界・職種の求人があるということも、就職shopをオススメする理由となります。

紹介する企業へは必ず足を運び、100%正社員求人です。

⇒ 就職shop 詳細はこちら

ジェイック(JAIC)

ジェイック

ジェイックはフリーター・ニートの方にもオススメの就職支援サービスです。

・就職成功率は80%以上
・高い定着率
・無料の就職支援講座
・優良企業の求人多数
・自分を変えて就職したいニートの方へオススメ

ジェイックは入社後もサポート・フォローがしっかりあるのが特徴でもあります。

就職成功率は80%以上、入社後の定着率も90%以上とフォローの手厚さもあり高い実績があります。

拠点が多い事もジェイックの特徴です。

ニート歴が長い方も、ジェイックを利用して正社員就職に多くの方が成功しています。

⇒ ジェイック 詳細はこちら

ハタラクティブ

フリーター・ニート向け就職支援、ハタラクティブです。

・20代、未経験からの正社員就職に非常に多くの実績
・高い内定率
・幅広い業種・職種の求人
・中卒フリーター・ニートの方も利用可

様々な学歴・経歴を持つニートの方がいると思うのですが、ハタラクティブは他の就職支援サイトよりも広く多く業界・職種の求人を持ち、中卒以上のフリーター・ニートの方に求人紹介が可能だということです。

大阪支店ができたことにより、大阪・関西エリアでもハタラクティブを利用できるようになりました。

20代ニートの方で様々な業界・職種の求人から選びたい、といった場合にはオススメの就職支援サイトです。

⇒ ハタラクティブ 詳細はこちら

ケース別、おすすめ転職エージェント

リクルートエージェント
全年代にオススメ、圧倒的な求人を取り扱う大手転職エージェント、リクルートエージェント。
職歴がある方すべてにおすすめです。

ジェイック
18歳~35歳までの職歴なしフリーター・ニートの方におすすめ。
東京は30代カレッジ(39歳まで利用可能な就職支援)もあります。

ハタラクティブ
20代向け転職エージェント。職歴なしフリーター・ニートの就職支援にも多くの実績あり。

-ニート就職

© 2022 【これからの働き方】仕事と転職