無職ニート

ニート就職

高卒 19歳無職 就職、内定を貰うにはどうすれば良い?

就活中の女性
高卒後、無職ニート。この生活を抜け出したいと思っているんだけど、内定を貰う自信があまりなくて・・・。19歳だからって簡単に内定は貰えないよね?無職ニート歴がある人は、どう就活をすればいい?
高卒19歳、無職の状況を脱出して正社員になりたい。

無職の生活に段々と焦りを感じていて・・・早く正社員として働きたい、自立して稼ぎたい、という方も多いのではと思います。

このまま無職を続けていたら、ニート生活が長くなってさらに就職できなくなるのでは・・・?という焦りを感じている方も多いかもしれません。

実際、ニート歴(空白期間)が長くなると、就職は難しくなります

無職の期間は短い方が良いのですよね。

この記事では高卒19歳 無職から就職を決める方法、高卒19歳の就職先、内定を貰う方法についていくつかの方法をご紹介しています。

自分に合う方法で就職先を探したり、正社員になるチャンスを多く得るために併用して就活されることをおすすめします。

高卒19歳が無職を脱出し、就職を決める方法

19歳スキルなしで転職するには

無職の期間が長くなってくると、どうしても焦ることもあると思います。

私だけ働いていないのでは・・・と思って、友達とも会いにくくなってきて、さらに家にこもる日が増えてしまう。

19歳なら高卒後ニート期間があっても、まだまだ就職先を探しやすい年齢です。
ぜひ積極的に求人を探して応募してみてください。

落ちたらどうしよう・・・と思うこともあるかもしれないのですが、内定を貰うためには応募することが大切です。

落ちても人間性を否定されている訳ではないですから、いつか、自分に合う会社が見つかる、といった気持ちで就活を続けてみてくださいね。

次にご紹介する就職支援サービスであれば、高卒以上OKの正社員求人が多いためそこまで就活を不利に感じることも少ないと思います。

高卒19歳無職ニートでも利用できる就職サイト

就職活動の方法はいくつもありますが、内定率の高さで選ぶなら、以下のような就職サイトの活用がおすすめです。

などがあります。

求人サイトやハローワークを利用して、自分で探して応募する方法よりも内定率は高いといえます。

今までにこうした就職支援サイトを利用したことが無い方は、ぜひ活用してみてください。

また以前使ったことがあるけれど、上手く内定を貰えなくて・・・といった方は違うサービスの利用も考えてみてください。

紹介してもらえる求人も変わってきますし、コンサルタントのサポートの質も変わってきます。

高卒19歳、無職ニートから良い就職先を見つけるには

無職ニートから就職するには

良い就職先、というのも人それぞれだとは思います。

高卒19歳はまだまだ若く将来性がありますので、内定を貰い正社員になることは難しいケースはありますが、無理ではありません。

例えば、

「長く安定して働きやすい会社に就職すること」

「ホワイト企業に就職する」

「高卒でも給料が高く、待遇の良い会社に就職する」

といったことを良い就職先として、正社員就職の目標にしても良いと思います。

とりあえず、ブラック企業には就職したくないですよね・・・

企業の採用担当者がどういった経歴の人を避けたいと思うか、書類選考で落とす傾向が強いかというと、

無職の期間が長い人

です。

無職の期間 = ニート期間

という風に考えられてしまうことが多く、ニートはどうしても「やる気がない人」といったイメージを持たれてしまいがちです。

無職の期間が1ヶ月、2ヶ月など短い期間であれば、

「就職活動をしていました!」

といえば納得して貰いやすいです。

しかし、無職、ニート期間が半年を超え、1年、2年と長くなってくると・・・そうした就活をしていました的なことは言えません。

こんなに長い期間、就職活動をしているのにどこも採用してくれない人、何かしら採用に関して問題のある人

と思われてしまいます。。

無職の期間に何をしていたのか、しっかり答える必要が出てきます。

そして、空白期間については答えにくいため、面接で失敗する人も多く内定が貰えない・・・不採用が続く、といったことになりやすいのです。

高卒後、職歴なし19歳のニート・フリーターの就職

高校卒業後、ずっとアルバイトやニート生活をしてきた、という方の場合には就職活動は一人で行うよりも、サポートを受けながら仕事探しをする方法がおすすめです。

就職活動って、やることがとても多いです。

「就職活動って何からしたら良い?」

「履歴書の書き方ってどうする?自己PRって何を書くの?」

「職務経歴書は必要?」

など、就職活動をするための準備段階から、疑問がたくさん出てきてしまって、全然求人に応募するどころではない・・・といったことになる可能性もあります。

就職しよう!

という気持ちがせっかく盛り上がっても、就活の準備でつまづいてしまうと応募せずに就活を停止してしまう可能性があります・・・

そのため、就職活動をしっかり進めるためにも、この記事の最初でもご紹介しているような就職支援サービスを利用する方法がおすすめです。

この後にも、詳しくご紹介していますので、高卒OK、ニートOKの就職支援サービスをぜひ活用してみてください。

高卒で就職、早期退職して今は無職19歳の就職

ニートはやばい

高卒で就職した人のうち、約半数の人が3年以内に退職する、といわれています。

早期退職する人の割合は、企業の規模が小さいほど多いという調査結果が出ています。

大卒で大企業に就職した人の早期退職の割合が少なく、高卒で中小企業に就職した人の早期退職の割合は大きくなります。

退職理由として多く見られるのは、

  • 仕事があわない
  • 職場の人間関係
  • 給料が低い

といったことなどです。

中小企業に就職した場合、もっと良い仕事に転職したい、給料の高い会社に転職したい、もっとスキルの身に付く仕事がしたい、といったことから3年以内に転職する人が多くなる傾向があります。

人によっては入社して、試用期間の間に早期退職するケースも。

今回、記事をご覧になっている方の中には、高卒で就職して早期退職、それからニート生活という方もいるかもしれません。

そうした早期退職を経験している高卒ニートの方でも、この後にご紹介している就職支援サービスを利用することで、内定を貰うことは可能です。

ぜひ、高卒後のニート脱出の方法として、就活の方法におすすめします。

高卒19歳、無職から内定獲得のための就職支援サービス

高卒19歳、無職やニートから脱出して正社員になるための就職支援サービスです。

1つだけを利用するよりも、できれば複数の就職支援を利用されることをおすすめします。

理由としては、

  • それぞれの就職支援サービスで所有している求人が違う
  • コンサルタントのサポートの質が違う
  • 1つのサービス利用だと、比較できない

就職活動でも、選択肢を持つことは大切だと思います。

ただし、求人はあまり選び過ぎないことも大切です。

少しでも興味を持てる職種、仕事内容の場合には積極的に調べて、応募してみることも内定獲得には重要といえます。

ハタラクティブ

ハタラクティブはフリーター・ニート、第二新卒、既卒といった若年層の就職支援を行っています。

ニート向け求人も多く所有しています。

ハタラクティブは中卒以上の方が利用できますので、高卒の方も問題なく利用して就活をすることができます。

他の就職支援サイの多くが高卒以上を対象としていますので、ハタラクティブは幅広い求職者のサポートを行っているといえます。

⇒ ハタラクティブ 詳細はこちら

ジェイック

ジェイック

ニートの就職支援を多数行い、正社員就職の実績が多いのがジェイックです。

ジェイックは自分を変えたい、と就職活動に臨む方を熱くサポートしてくれるカウンセラーが多いといえます。

ジェイックはニートなど、20代の社会人未経験者に特化した就職支援サービスです。

一から就職活動に取り組みたい、という方はぜひ無料の説明会にまずは参加してみてはと思います。

ジェイック=営業、といったイメージをお持ちの方も多いようですが、営業職以外の求人もあります。

ニート向け就職支援の中でも、利用可能なエリアが多いことも特徴です。
(ただし、時期によって申込み可能なエリアが変わりますので、公式サイトでチェックしてみてください)

⇒ ジェイック 詳細はこちら

就職shop

関東、関西に支店がある就職shopです。

リクルートが運営する若者向けの就職支援サービスで、就職shopに登録している企業数が業界トップクラスに多いという特徴があります。

早期退職した方の就職もしっかりサポートしてもらうことができます。

経歴よりも企業との相性を重視するため、カウンセリングに力を入れていることも就職shopの特徴です。

⇒ 就職shop 詳細はこちら

キャリアスタート

未経験から正社員へ就職したい人をサポートしてくれるキャリアスタート。

高卒19歳の方も利用可能です。

徹底した面接トレーニングによる就業支援サービスが特徴で、内定率を引き上げてくれます。

面接対策は内定獲得のためには最も重要ですから、サポートに力を入れている就職支援サービスを選ぶことは大切です。

⇒ キャリアスタート 詳細はこちら

高卒ニートを続けるリスク

高卒後、ニート生活を続けていると、その生活に慣れてしまう可能性があります。

ニート生活はそもそも楽さも実際ありますよね。

実家暮らしであれば、よほど親と険悪になっていなければ、3食風呂付で生活が出来てしまいます。

しかし、そのままずっと無職ニートを続けているのはリスクがあります。

年齢が上がるごとに就職が難しくなる

ご想像通り、無職ニート期間が長くなればなるほど、正社員就職は難しくなります。

空白期間が長い人材を企業は嫌うからです。

未経験OKで人材募集をしているからといっても、採用されるのは難しいでしょう。

他の応募者がみんな同じ無職ニートではありません。
比較されると、書類選考で落ちることが多くなってしまいます。

ニート生活も気が付けば1年、2年と長くなっていきます。

30歳を超えると、就職は非常に難易度が高くなります。

親も年を取る

今、親御さんが元気で現役で働いていたとしても、確実に老化していきますし退職します。

それ以降も、あなたの生活を今と同じく支えてもらえるでしょうか。

むしろ、親の介護が発生するかもしれません。

その時、働こうと思っても遅いのです。

あなたが30代、40代だと無職ニート期間の長さから、採用してくれる企業は無いかもしれません。

リアルな人とのコミュニケーションが難しくなっている可能性

ネット上でのコミュニケーションは問題ないかもしれません。

しかし、リアルな人とのコミュニケーションが難しいかもしれません。

実際に仕事を探す場合、リアルな職場で働くことになるでしょうから、コミュニケーション能力が問われることになります。

高卒19歳は就職に有利

年齢を考えると19歳という年齢、若さは就職活動で大きな武器になります。

未経験であれば若い人材を採用したい、と考える企業が多いですし、仕事への熱意をしっかり伝えることでポテンシャル採用してくれる企業は多くあります。

無職ニート期間があると、就職活動に自信が持てないかもしれませんが、年齢は本当に有利さを呼んでくれます。

就職したいという気持ちを前面に押し出して、志望動機を作り面接対策を行ってください。

何度か回数を重ねることで、面接慣れもしてきて受け答えもしっかりとできるようになってきます。

就職エージェントのサポートを利用して、模擬面接を行ってもらうのもおすすめです。

19歳の間に正社員就職が成功するように、ぜひ行動してみてください。

無職ニート歴があると自力での就活は苦戦することがどうしても多くなりますから、できればサポートのある就職エージェントを活用されるのがおすすめです。

営業系の求人が多いのはジェイックです。
書類選考なしというのも特徴です。

ハタラクティブは幅広い業界、職種の求人を扱っています。
書類選考通過率も高いです。

こうした就職エージェントを利用することで無職ニート期間があっても、内定率の高い就活をすることができます。

ぜひ登録して、就職相談から始めてみてください。

ケース別、おすすめ転職エージェント

リクルートエージェント
全年代にオススメ、圧倒的な求人を取り扱う大手転職エージェント、リクルートエージェント。
職歴がある方すべてにおすすめです。

ジェイック
18歳~35歳までの職歴なしフリーター・ニートの方におすすめ。
東京は30代カレッジ(39歳まで利用可能な就職支援)もあります。

ハタラクティブ
20代向け転職エージェント。職歴なしフリーター・ニートの就職支援にも多くの実績あり。

-ニート就職
-

© 2022 【これからの働き方】仕事と転職