悩むニート
職歴なしのまま31歳になってしまった。そろそろ就職したいけれど、どうすればいいのだろう・・・?
年齢を考えると、そろそろ将来に焦りを感じている方も多いのではないでしょうか?

今まで就職活動をして内定が貰えなかった経験がある方の場合には、

「もしかしたら、もう就職できないかもしれない」

と不安をお持ちの方もいるかもしれないですね。

31歳という年齢で職歴なし、という場合の就職活動は確かに厳しいです。

しかし、就職活動のやり方によってはフリーターやニート歴が長くても就職は可能です。

このサイトでは職歴なしフリーター、ニートから正社員として就職するための方法、成功のポイントについてご紹介しています。

職歴なしの期間がこれ以上長くならないように、内定率の高い就職活動のやり方をご紹介します。

31歳 職歴なしフリーターやニート向け就職エージェント

31歳でも利用できる就職エージェントをご紹介します。

一人で就活をするよりも高い内定率で就職活動ができるメリットがあります。

対応エリアが広いのは、ジェイック、DYM就職です。

ブランク期間が長すぎて就活に自信が無い、といった方はジェイックがおすすめです。

就活講座を通じて、応募書類、面接対策など就職活動の準備をすることができます。

講座の後は書類選考なしで面接会へ参加、その後、企業との個別面接に進む流れです。

内定率、定着率の高さもジェイックの特徴です。

ジェイック

DYM就職

キャリアスタート

31歳 職歴なしから就職しないと人生詰むかも、という不安

20代の時にはなかった焦り、将来への不安を感じて夜も眠れない・・・といった経験がある方、いませんか?

このまま就職が決まらなかった、中年フリーター、ニートとして就職できないままズルズルいってしまうのではないか・・・

非正規、無職のまま老後を迎える末路だけはイヤだ。。

ネガティブな思考は、さらにネガティブな将来を想像しがちです。

就職に成功する自分、というイメージを持つことが大切です。

就活は厳しいが、就職することは可能です

職歴なしからの就職は、30代になるととても厳しいものになります。

応募できる求人が20代とは違い、かなり減ります。
未経験者歓迎の求人の多くは、20代が対象だからです。

書類選考を通過して、面接に行ったとしても「この年まで就職したことがないのですか?」といったことを言われてしまい、頭が真っ白になってしまう・・・

しかし、企業の中には30代で職歴なし未経験者を積極的に採用しているところもあります。

そうした企業の求人に絞って、応募をしていくことで内定を得られる可能性が高くなります。

どこで求人を見つけたらいいか、というと先ほどご紹介したような30代前半の方が利用できる就職エージェントです。

扱っている求人がフリーターやニート向け、未経験者歓迎の求人が多いため効率良く情報収集をすることができるんです。

一人で就職活動をすると、遠回りになる可能性が高いです。

30代の就職活動は、1歳年齢が上がるごとに難しさを増します。

31歳の間に就職が決まるように、こうした就職エージェントのサポートを利用しての就活をおすすめしています。

職歴なしから就職するには

職歴なしの期間が長い場合でも、就職をすることはできます。

とはえい、就職活動のやり方を間違えると、50社、100社と応募しても内定が貰えない・・・といったこともあり得ます。

未経験者歓迎の求人が見つかりやすい就職活動の方法を選ぶことがポイントとなります。

フリーター、ニート向け就職サイトで正社員になる

エージェントというと、正社員としてキャリアのある人が利用するもの、というイメージをお持ちの方もいるかもしれません。

しかし、エージェントの中には職歴なしフリーターやニート、大学中退、既卒といった方をメインに就職サポートを行っている就職エージェントもあります。

こうした就職エージェントが取り扱っている求人は、未経験者歓迎の求人がほとんどです。

また採用のために利用する企業も、フリーターやニートといった未経験者が応募してくることを前提にしています。

面接でしっかり志望動機や仕事への熱意、今後のビジョンをアピールすることができれば、十分内定が貰えるということになります。

エージェントとしても求職者が内定を貰い、入社して働くことで売り上げとなりますので、手厚くサポートをしてくれます。

内定率の高い就職活動ができる、という点でも職歴なしフリーターやニートの方におすすめの就活のやり方となります。

31歳職歴なしの方も利用できる就職エージェントには、

ジェイック

DYM就職

キャリアスタート

などがあります。

ハローワークで就職を狙う

ハローワークも探してみると、地元の求人が多数見つかります。

中小企業の求人が中心です。

情報収集するには、ハローワークの相談員が詳しい情報を持っていないため効率は良いとはいえません。

職歴なし、ニート歴が長い人は「トライアル雇用」という制度を利用して働くこともできます。

トライアル雇用とは、お試し期間がある働き方です。

お試し期間が終わる際、求職者、企業側と双方が合意した場合に本採用となります。

実際に働くことで企業のことがよく分かります。

企業としても、人材の働く姿勢、今後のポテンシャルを考えることができます。

双方にメリットがある働き方がトライアル雇用ですが、制度を利用している企業が少ないという問題点もあります。

⇒ ハローワークインターネットサービス

正社員登用のバイトを狙う

正社員採用を狙うのはハードルが高い・・・就職できる自信が全くない、といった場合。

アルバイト求人の中には正社員登用あり、という求人もあります。

正社員登用から正社員を目指す、という方法もあります。

ただし、正社員登用を行っている企業、職種は少ないというデメリットがあります。

また、正社員となれる保証がない場合が多いことも注意しなくてはなりません。

31歳 職歴なしフリーター、ニートの末路

職歴なし、フリーターやニートを今後も続ける場合、どういった末路をたどるかも考えておいた方が良いかもしれません。

フリーターやニートの末路を考えておくことで、就職活動に取り組むきっかけにもなるでしょう。

まず35歳を超えると、応募可能な未経験者OKの求人がさらに激減します。

40歳を超えると、アルバイトも見つかりにくくなります。
この年齢になると、親もかなりの高齢・・・といったご家庭も多いのではないでしょうか

親の介護についての問題ものしかかってくると、さらに将来が厳しくなります。

ニートの場合には特に経済的に全面的に親を頼っているでしょうし、アルバイトにしても一人暮らしをするほど余裕がある収入は無いでしょう。

親と同居している可能性が高いですから、中年フリーターやニートの将来は非常に厳しいといえます。

そのまま年齢を重ねると、生活保護ということも考える必要があります。

しかし生活保護も受給するには条件があるため、受給したくても受けられない可能性もあります。

中年になってもフリーターやニートを続ける場合、将来へのリスクがとても大きいです。

末路を考えることで、職歴なしから早く脱出して正社員にならなくては、という危機感を持つことにもつながるのではないでしょうか。

最後は孤独に人生を終えることになる可能性が高いです。

31歳でも採用されやすい、職歴なしから就職しやすい仕事

31歳、職歴なし未経験からでも採用されやすい、就職しやすいおすすめの仕事をご紹介します。

こうした仕事を狙って求人に応募することでも、内定を得やすくなります。

営業職

未経験者歓迎の求人が多い職種の代表、ともいえるのが「営業職」です。

人物重視で採用されることが多い職種ですから、面接では明るくハキハキと受け答えをすることが大切です。

営業の仕事はビジネスマンとして様々なスキルを身に着けることができます。

将来的に転職する場合でも、転職先を探しやすいため潰しが利きやすいともいえます。

学歴不問、未経験者歓迎の求人が多いことからフリーターやニートの就職先としても比率が高いです。

ITエンジニア

ITエンジニアは人手不足が続いており、採用の需要はとても高い状況が続いています。

学歴不問。
仕事をしていて、学歴を聞かれることはまずありません。

未経験者を採用する企業もありますから、その会社を入り口として正社員のキャリアをスタートすることも可能です。

需要の高さもあり、プログラミングスクールも増えました。

プログラミングスクールやエンジニアスクールでスキルを身に着けてから就活をすれば、非常に高い確率で就職先を決めることができるでしょう。

無料体験できるプログラミングスクールなどもありますので、まずは試してみるのもおすすめです。

プログラミングスクール無料体験あり

基本的に、無料で学べるプログラミングスクールの場合には年齢制限が20代までが多いため、有料のスクールを検討する必要があります。

介護職

介護業界も人手不足が深刻で、未経験者を採用する傾向が強いです。

今後も需要は高まると考えられます。

働き始めてから介護福祉士実務者研修、ケアマネージャーなど資格を取得してキャリアアップを目指すこともできます。

就職を目指す場合には、人がとても大切です。

職場の雰囲気、入所者の状況などをしっかり情報収集されることをお勧めします。

30代前半ならまだ就職のチャンスはあります

就職は難しいかも・・・と思っている方もいるかもしれませんが、30代前半であれば、まだまだ就職のチャンスはあります。

というよりも、30代後半になると本当に就職が厳しくなりますので、ラストチャンスの気持ちで就活に取り組むことをおすすめします。

30代前半まではご紹介しているように、利用できる就職エージェントもありますが、30代後半だともうほぼ利用できません。

ハローワークや公的な就職支援を利用するしか方法がなくなります。

31歳はまだまだ採用されやすい年齢です。

ぜひ、就職活動に取り組んでみてください。

31歳で職歴なしから正社員就職に成功するポイント

職歴なしから正社員になるためのポイントです。

先延ばしすると、ズルズルと時間が過ぎてしまいます。

いつから就活を始める!

と決めて行動することが大切ではないでしょうか。

1日でも早く就活をスタートする

一番若い日は今日、ということがよく言われます。

職歴なし未経験から正社員を目指す場合は、若い方が有利です。

ですから、就活は1日でも早くスタートした方が良い、ということになります。

31歳の間に就職が決まるように、行動していきましょう。

就職活動の準備をしっかり行う

就職が決まらない人に多いのが、就職活動の準備が不足しているということです。

本人としては、自分なりに自己分析をして企業研究をして、といったことになるのですが、プロである就職エージェントから見ると、準備不足であるケースが多いといいます。

こうした就活の準備についても、フリーターやニート期間が長い方はアドバイスを貰うのが良いでしょう。

就職エージェントを利用して、アドバイスを受ける

職歴なしフリーターやニート歴が長い人は、一人で就活をせず就職エージェントを利用してアドバイスを受けながら就活をするのがよいでしょう。

求人も紹介してもらえるため遠回りしなくていいですし、内定を貰うためのアドバイスはとても重要です。

一人では気づけない就活のNGポイントを指摘してもらえます。

企業に対しても面接の交渉であったり、内定に向けて一押ししてもらえることも。

職歴なしから正社員を目指す際、利用するメリットがあります。

31歳 職歴なしから就職するには、就職エージェントの活用が重要

就職を目指す場合、利用できるなら就職エージェントを使ってみてください。

場合によっては短期間で就職が決まることもあります。

31歳でも利用できる就職エージェントは以下です。

ジェイック

DYM就職

キャリアスタート

デメリットもありますが、それを上回るメリットがあるといって良いでしょう。

年齢が上がっての就職活動はさらに厳しくなります。

今の年齢の間に行動をしてみてください。

© 2021 31歳 職歴なしから就職する方法